なぜそのスクール?英会話スクールの選び方

※この記事は約4分で読めます。

英会話スクールはとてもたくさんありますが、みなさん、どんなことを基準に選んでいるのでしょうか?
たとえば、駅から近い、授業料が手頃、ぴったりのカリキュラムがある、講師がステキ・・・・などなど、

体験レッスンに行ってみたものの、入学しなかった英会話スクールもあるはず。
その理由は何でしょうか?

 

なぜ、そのスクールを選ばなかったのですか?

講師が冷たい・厳しいから

楽しみに行った体験レッスンで、「はあ?わかんないよ」「何言ってんの?」なんて冷たい言葉を投げられては、やる気はしぼんでしまいます。
とくに初心者のかたは、ネイティブスピーカーとあいさつするだけで、とっても緊張するものです。

頭の中は真っ白!!しかし、少しずつ慣れていくことで「こんなことを感じた」「こんなことを言いたくなった」という感情が動く、そのなかで英語の力も伸びていくんです。

たとえば
初心者の方はとくに「自分のことを話す」レッスンをしましょう。あらかじめ決められている英文を練習しても何の役にも立ちません。それは感情が伴わないから。「話したい!伝えたい!」がとても大事なんです。

 

日本人講師だったから

日本人の先生は、賛否両論のようですが、せっかく英語を話すのであれば、ネイティブスピーカーとの会話を期待してスクールに通います。
それが、ほとんど日本語での授業だったら・・・たしかに、ちょっと不満が残りそうですね。

英会話は、ただ日本語を英語に訳すのではないんです。文化や生活習慣など常識に違いがありますから、それも踏まえたレッスンが理想的です。

たとえば
たとえばアメリカの病院では「あなたの痛みを1から10で表すと、どのくらいですか」と質問するそうです。それに対して日本人は「4~6」と答えることが多いそうですが、現地では「8~10」と答える人が圧倒的に多く、ときには10以上で答える人もいるとのこと。急病になった時に適切に自分の状態を伝えるためには、英語力だけではダメなのです。

 

レッスンの時間が合わない、少ないから

英会話をはじめ、語学の勉強には「継続」が大切です。
そのためには、スクールの通いやすさを重視する方もとても多いですね。
「行きたいときにいけない」というのは、案外ストレスが溜まるもの。

仕事や家事など、自分の生活ペースにあわせてレッスンを設定できる英会話スクールが人気です。

たとえば
レッスン日程は、自分の都合に合わせて曜日・時間帯を決められ、受講ペースも、忙しい時期は週に1回、ご旅行前は週2回など、自由に変更が可能。当日急に都合が悪くなっても、規定の時刻までに連絡すればキャンセル・変更が可能、そんな自由度の高いシステムがおススメ。

 

まとめ

英会話スクールはとにかく数多くあります。
それぞれさまざまなウリがあり、「受講の決め手」が複数あることも。
一方で、「選ばなかった理由」を考えることで、消去法でスクールを選ぶという方法もアリです。

当然ながら、広告では「良いこと」ばかりが注目されます。
面倒かもしれませんが、百聞は一見にしかず。

ご自身で実際にレッスンを体験しましょう。
そして
「ここなら私の希望通りに勉強できる!」
と思えるところを選んでいただきたいと思います。

お問い合わせ・無料体験のお申し込みはこちら: 銀座の英語・英会話スクール 55段階英語村 

TEL:0120-428-815
OPEN 10:00~21:00(土日は~19:00)

※見学会や体験レッスンにお越しいただいた方への、営業の電話は一切しておりません。
どうぞお気軽にご参加ください。

このページの先頭へ