前の記事 » 
次の記事 » 

今さら聞けない!?英語で「ありがとう」って「Thank you.」だけでホントに大丈夫?~何か物足りない人へ 「使える公式」・例文つき~

  公開日:2017/08/26
最終更新日:2017/09/11

※この記事は約5分で読めます。

こんにちは、55段階英語村・スタッフのJuneです。

英語村で生徒さんの対応をしていて、あらためて実感することがあります。
それは、こんなことです。

「日本人って、感謝を表したいって気持ちがつよい」

そうなんです、生徒さんの体験レッスンに付き添うと、

レッスンの前には
「よろしくお願いします、って英語で何ていうのかな?」

そして

レッスンの後には
「ありがとうございました、ってThank you だけでいいのかな?」

と迷っていらっしゃいます。

そこで、今日のテーマは、コミュニケーションの基本中の基本、「ありがとう」を英語でなんて言う?について、一緒にみていきたいと思います。

 

こんな「Thank you.」は、英語で何て言う?

 

ここで、このテーマのヒントになるのでは、と思うので、英語村での講師たちとの会話をご紹介しますね。

私事で恐縮ですが、先日、長男がこのような手紙を私にくれました。

「ママだいすき!!」の大きな文字の下に、「ぼくをうんでくれてありがとう」
小さい文字で書いてあります。

英語村の講師・Yasminにその手紙を見せて質問しました。

「What do you say this in English?」
(これって、英語だと何て言うの?)

すると、こんな風に教えてくれました。

「Thank you for giving birth to me.」

Marissa は、「わたしならこう言う」と、こんなふうに教えてくれました。

「Thank you for bringing me into this world.」

素敵ですね!

そして、「返事を書くとしたら、どう言えばいいのかな?」と質問してみました。

Yasmin は
「Thank you for being born to me.」

Marissa は
「Thank you for being my son. 」

と、教えてくれました。

(そのあと、Yasminは
「I really want to have a boy!!」 
 (ぜったいに男の子がほしい!)
 と言っていました笑)

 

「Thnak you.」にバリエーションをつける公式とは?

 

上記の例をみてみると、
「~してくれて、ありがとう」という表現には
公式がありそうです。

といっても、とても簡単ですね。

Thank you for ~ing.
※~ing ⇒ “~”には、動詞(~してくれて、の部分)が入ります

この公式を使うと、いろいろなことが言えます。

Thank you for helping me. 
(手伝ってくれて、ありがとう)

Thank you for understanding.
(ご理解いただき、ありがとうございます).

Thank you for sparing your time.
(お時間を割いていただき、ありがとうございます)

Thank you for making me happy.
(私を幸せな気持ちにしてくれて、ありがとう)

Thank you for coming all this way.
(遠いところお越しいただき、ありがとうございます)

Thank you for always being on my side.
いつも私の味方でいてくれて、ありがとう)

Thank you so much for caring.
(気づかってくれて、本当にありがとう)

Thank you very much for inviting me today.
(本日はお招きにあずかり、本当にありがとうございます)

他にも、
Thank you for ~ の公式があります。

Thank you for 名詞

このパターンです。
(~ingは動詞の名詞形なので、ほぼ「名詞」扱いでもよさそうですが、今回は分けておきますね)

Thank you for a great lesson. 
(素晴らしいレッスン、ありがとうございます)

Thank you for your kind words.
(優しいお言葉、ありがとうございます)

Thank you for the information you provided.
(情報提供、ありがとうございます)

Thank you for the time you spent for this visit.
(わざわざお時間を割いてのご訪問、ありがとうございます)

難しい単語は使っていません。
中学レベルの単語とカンタンな公式をつかって、いろいろな「ありがとう」が言えそうですね。

また、もちろんこちら↓も、改まった感謝の表現として
よく使いますので、一緒に覚えておきましょう。

「I appreciate ~」

I appreciate your kind words. 
(優しいお言葉、ありがとうございます)

I really appreciate your concern.
(ご配慮、本当に感謝いたします)

「Thank you for ~(ing)」のバリエーション、ネイティブの先生たちがどんな場面で、どんなふうに使っているか、ぜひレッスンで聞いてみてくださいね!

お問い合わせ・無料体験のお申し込みはこちら: 銀座の英語・英会話スクール 55段階英語村 

TEL:0120-428-815
OPEN 10:00~21:00(土日は~19:00)

※見学会や体験レッスンにお越しいただいた方への、営業の電話は一切しておりません。
どうぞお気軽にご参加ください。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  豆知識  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
55段階英語村へのお問い合わせはフリーダイヤルにて受け付けております。0120-428-815

このページの先頭へ