前の記事 » 
次の記事 » 

【使える英語】を身につけるなら。東京・銀座の55段階英語村】

  公開日:2019/01/19
最終更新日:2019/01/22

※この記事は約17分で読めます。

こんにちは、55段階英語村@銀座、スタッフのJuneです。
今日は、今こそぜひ英会話を身につけたい!と願っているあなたに、「使える英語」とは何か、そして他スクールとはまったく違うアプローチで【使える英語】を身につける方法をお伝えします。

【知ってる英語】と、【使える英語】は違う。まずはここに気づきましょう。

中学のときから英語を勉強してきた
満点ではなかったけど、それなりに学んだはず
でも、いざ英語を話すとなると、思うように英語が出てこない

こういう悩みを抱えている方は多いと思います。
かくいう私もその一人でした。

英語は得意科目で、高校受験でも大学受験でも得点源。
しかし、30歳を過ぎたころ、バーで外国人の男性と隣り合わせました。
英会話には興味があったので、勇気をだして話しかけてみようと思いました。

そのとき私は、「知っている英語」を使って話しかけてみたわけです。

わたし
How long have you been in Japan?
昔、教科書で暗記した中学英語フレーズで、「どのくらい日本にいるんですか?」と聞いたわけです。

すると・・・何が起きたかというと

外国人
$’%&$)(#)%’)’$(#’#
わたし
・・・・・・・(凍死)

相手の言っていることがまったく聞き取れなかったんです。

すると・・・その外国人の男性は

外国人
#’$%((’%&$()##($’
と私に言いました。しかし、私にはわけがわかりません。一言も、まったく聞き取れませんでした。

後から英語がわかるバーの店主が教えてくれたのですが、
「英語がわからないなら話しかけてくるな」といっていたのだそうです・・

私が知っていたのは、「教科書で習った英語」だけでした。
しかし、学校で習った英語だけではダメだったんです。
(学校で習う英語を否定しているわけではなく、それだけでは不足という意味です)

どうして、英語を勉強してきたのに話せなかったのか?
「実際のコミュニケーションで使われている英語」を知らなかったからです。
もし、それを知っていたら、相手が何を言っているか理解できたはずです。

「使える英語」を身につけるということは、つまり「実際のコミュニケーションで使われている英語」を知ることから始まるはずです。
知らない言葉・言い回しは聞き取れませんし、話せません。
ここまで読んでくださっているあなたなら分かっていただけたと思います。

【実際のコミュニケーションで使われている英語】を身につけない限り、英語を話せるようにはなりません。
そして、当たり前のことを繰り返して恐縮ですが、【実際のコミュニケーションで使われている英語】=【使える英語】なのです。

○使える英語を身につけるために何をするべきか○

実際に英語が話されている場所で、
実際に使われている英語を
聞いて学び、
話せるように練習すること。

これが、英会話の上達のためには絶対に絶対に絶対に大事なことなのです。
逆に言うと、これ以外にはないんです。

いろいろな場面を通して「へ~、こういうとき、こうやって言うのか・・(!)」というナルホド体験を積み重ねる。
そして、実践の場でアウトプットの練習をする。
実際に使われている英語を、場面から学ぶと、どんどん使える英語を吸収できるんです。

学校で習う英語と、【実際のコミュニケーション】から学ぶ英語の違いとは

では、学校で英語を習っても、実際のコミュニケーションで困ってしまうことには、具体的にどんなことがあるのでしょうか?

【例】”あいさつ”からして、もうわからない!

文化の違いから、英語となるとあいさつもろくにわからない、という声をよく聞きます。

外国人
Hey, what’s up?
わたし
…eh?
外国人
How was your day?
わたし
…eh?
外国人
Have a nice day!
わたし
…eh?

これが、英会話を始める前の私の実力です。
何も言えていませんね。なっしんぐです。

ここに挙げた中でも特に「Have a nice day!」は、知らないと「なんと返せばいいのか」と困ってしまう挨拶の代表例ではないでしょうか。
しかし英語圏では普通に言われていて、買い物をして品物を受け取るときに、店員さんでもこれを言ってくるわけです。

I hope you have a nice day.
(あなたが良い1日を送れるといいなと思っています)

これが短縮されて「Have a nice day!」になっているんです。

質問がわかったところで、さあ、なんと答えますか?
知ってる人には簡単ですが、英語のあいさつのお作法を知らない人には難問かもしれません。

答えは、「Thank you.」
そして、「You too.」です。

Thank youは、簡単ですね。
「You too.」とは何か?

I hope you have a nice day, too.
(私も、あなたが良い一日を送れるといいなと思っています)

You, too.
(あなたも)

こんなやりとりが、実際に話されている英語にはたくさんあるんです。

Have a good day! (良い1日を)
-Thank you, you too.

Have a nice one! (良い1日を)
-Thank you, you too.

Have a good rest of the day! (これからの時間が良いものでありますように)
-Thank you, you too.

Nice to meet you.(はじめまして)
-You too. (Nice to meet you, too.)

そして、「Have a…」といわれても、「You too.」とは言えないときもあります。
「相手がもっていないもの」について言われたときです。
例えばバーガーショップなどで品物を渡されながら「Have a nice meal.」といわれたら、食事をするのは自分だけなので「You too.」の代わりに「I will」となります。

Have a nice meal.(素敵なお食事を)
-Thanks, I will.

Have a good lunch break.(良いランチ休憩を)
-Thank you, I will.

私はこれらを学校で習った記憶がありません。
当時の教科書には書いていなかったはずです(私は現在40代です)。

でも、人と人とが会話をする場面には必ず「あいさつ」があります。
せっかく英語を勉強してきても、その「あいさつ」すらろくにできないというのは、なかなか悲しい(悔しい)ものがあります。

How are you?
How are things?
How is your day going?
How is it going?
How is everything?
How have you been?

教科書で習った以外にも、たくさんのあいさつのバリエーションがあり、相手によって、そして場面によってフレーズも変わってきます。
当然、返事の仕方も、投げかけられたフレーズによって異なってくるわけです。

使える英会話フレーズは世にあふれている。では、覚えたら使えるようになるのか?

ここまで、「知ってる英語と、本当にコミュニケーションで使われている英語は違う」ということをお伝えし、一例として「あいさつ」フレーズをご紹介しました。

もちろん、このご時世ですから、そういった「実際の会話で使われている英語」は、英会話の本でも、ネットでも、アプリでも、本当にあふれかえってています。
いくらでも楽に手に入ります。

でも、だからといって日本人が英語を話せるようになっているでしょうか???

ここが問題なのです。

さらに言うと、スカイプ英会話サービスを提供している会社は200を超えていますし、英会話スクールは600社以上あります。
いくらでも、英語を身につけられそうな場所はあるんです。

でも、それで英語が話せる日本人はどんどん増えているのでしょうか?
あなたは英語を話せるようになっていますか?

「この英語、覚えたい」と思った時に、知っておかなければならないこと

人間の脳の構造として、「新しく得た情報すべてを長く記憶にとどめるのは難しい」ということがあります。
いくら本を読んでも、いくらスカイプ英会話や既存の英会話スクールで英語を話しても、「この英語覚えたい」と思ったことが時間とともにドンドン頭から抜けていくということです。

「長期記憶」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?
人が何かをしっかりと覚えたい・身につけたいという時、覚えた内容はいったん「短期記憶」の貯蔵庫に入ります。
その後、海馬を通して長期記憶に移行するのです。
大事なことは、覚えたいことすべてが長期記憶に移行するわけではない、ということ。

だから、受験や勉強の世界では、「覚えたことを定着させるために復習をしましょう」「何度も繰り返し復習するのが定着のコツです」と言われます。

こういう文脈では、この「忘却曲線」なども常に引き合いにだされますね。

生きていく上で「どうでもいい」と判断されたことは、残念ながら長期記憶には保存されません。つまり、身につきません。
逆に、何度も何度も登場する情報なら、脳が「こんなに頻繁にアクセスする情報なら、生きていくのに必要ってことだよね・・・」「なら、いっちょ覚えとくか」ということで、長期記憶に保存してくれるんです。

でも。
わたしたちは日本人。
日本で生きていくのに、英語は必要ありません(学校や仕事で必要な方は当然除きます)

オリンピックに向けて、英語を話せるようになっておきたいな」
困っている外国人の方がいたら、道案内くらいはしてあげたいな」
「いまは必要ないけど、将来に備えて英語を話せるようになっておきたいな」

日常生活で特に英語を必要とされていない方が、こういう希望を持った場合、困ったことに何をやっても英会話が身につかない、という悩みに陥りがちです。


受験勉強のときのようなガチ暗記はもうできない
英語は、特段、生活に必要がない
差し迫った期限もない。

では、どうすれば良いのでしょうか。
脳と記憶の仕組みにヒントがあります。

日本にいながら英語を身につけるには?○○があれば、覚えたことが一気に長期記憶に。

話の前提を確認するために、少し脳の話を整理しておきます。

「この英語を身につけたい」と思ったときの脳の動き

・脳は、すべての記憶を完全に保持しない
・一度ふれた情報は、いったん短期記憶に保存される
「生きていくのに必要」と判断されたものは長期記憶に保存される
・それ以外のものでも、同じ情報に何度も何度もくりかえし触れることで、長期記憶に保存される
・繰り返されない情報は、30日以内に短期記憶の貯蔵庫から失われる

日本にいながら、使える英語を「受験のようなガチガチの暗記をせずに」身につけるにはどうすればよいか?
「生きていくのに必要」と判断されたものは長期記憶に保存されるということにヒントがあります。

そもそも、「生きていくのに必要」かどうかは、何がどう判断しているのでしょうか?
「覚えたい!!」というあなたの意思ではないのです。
そこには、もっと本能的な判断が働いています。

さきほど、短期記憶は「海馬を通して」長期記憶に保存される、と書きました。
この「海馬」は、言葉と記憶をつかさどる脳の部位として有名です。
では、この「海馬」が判断しているのか?

答えは、NOです。

この「海馬」に強い影響を与える部位として、「扁桃体(へんとうたい)」があります。
扁桃体は、「桃」という字が入っていますが、実際にはアーモンド形と言われています。

扁桃体は、「快」「不快」を本能的に察知します。
そして、その「快」「不快」の感情を記憶と結びつけて、海馬に送り返します。

知っていて命拾いしたこと。
知っていてトクしたこと。
この先、覚えておかないとヤバい!と思うこと。
知らなくて、ひどい目にあったこと。
知っていて、ひどい目にあわなくてすんだこと。

これらは全部、「快」「不快」の感情と結びついた記憶です。
こういった「感情とセットになった記憶」は、長期記憶に保存されやすいのです。
何度も何度も、受験のときのように暗記を繰り返す必要がありません。

そのかわり。

「感情」が沸き起こるには、条件が必要です。
本やネットに書いてある文字を読んで、「覚えよう」と思っても、それは感情ではありません。
意思です。

では、道で困っている様子の外国人を見かけたとしたらどうですか?
想像してみてください。

「どうしよう・・」
「道がわからないのかな・・」
「地図をみてずっとキョロキョロしてる・・」
「話しかけたいな・・でも英語で何ていうんだろう?」
「え~と、何だろ、どぅーゆーはぶ、あ、ぷろぶれむ?」
「だめだ、だめだ。話しかけられない」

もしこんな場面に直面して、あなたが英語を話したくても話せないとしたら。
胸がドキドキして、あれこれ考えて、へんな汗が出てきますよね。

このとき、感情が動いています

感情が動くための条件とは、
①「実際の場面」があって、
②「あなたが当事者としてそこにいること」
なのです。


「実際の場面に入り込んで英会話を学ぶ」
これこそが、日本にいながら、ガチガチの暗記をせずに、使える英語を身につける唯一の方法です。

「でも、留学するわけにもいかないし・・」
「海外旅行に行ったからといって、英会話を学べるわけではない」

と、思いましたか?
あるんです。
既存の英会話スクールや、英会話アプリ、スカイプ英会話では絶対にできない学び方

それが、東京・銀座にある55段階英語村です。

大人も通える、他にはない【55段階英語村】なら、日本にいながら使える英語が身につく

55段階英語村は、予備校の四谷学院が運営する、他にはない実践スタイルの英会話スクールです。

なぜ、「英語村」か?
それは、「生活体験の場面から英語を身につける」という考えが背景にあります。
(既存の”英会話スクール”という言葉を使うかどうか、迷うレベルです)

英語村では、基本の「55のシチュエーション」をご用意しています。
(実際にはもっと広がりがありますが)
考え方としては、

・海外に行ったら、どんな場面に直面するか?
・日本にいる外国人と交流するなら、どんな場面があるか?
・いつも日本語でやっていることを、英語に置き換えたらどうなるか?

というコンセプトでシチュエーションが用意されています。

さらに、こんなテーマ別レッスンも用意し、場面別の学びを補強します。

・発音
・話すときのリズム
・あいさつ
・スモールトーク(天気の話、雑談)
・よく使うフレーズのパターンは?
・感情表現
・ちょっとした一言フレーズ

55段階英語村は、メディアからも注目されています

他にはない、実践スタイルで実際の場面で使える英語が身につく「55段階英語村」。
メディアからも注目を集めています。
朝日新聞の夕刊一面に掲載された際には、非常に多くの反響をいただきました。

朝日新聞社2017年1月10日発行(夕刊)一面

●55段階英語村が2018.1.10朝日新聞(夕刊)一面に掲載されました

新聞で言えば、日経新聞(2018.8.25)や、日経MJ新聞(2018.8.20)、朝日中高生新聞(2017.10.27)にも取り上げられています。

また、東京MXテレビからも取材を受けてレッスンの様子や実際に通っている生徒さんが紹介され、こちらも大きな反響をいただきました。

2018年5月31日(木)18:00~18:30に放映された東京MXニュースの中で、55段階英語村が取り上げられました。

そのニュース映像がTOKYO MXテレビのニュースサイトで紹介されています。

55段階英語村のメディア掲載実績一覧はこちらから見ることができます。
https://55eigomura.com/media/

見学・無料体験レッスンは40分程度。日曜も祝日も受けられます

55段階英語村にいってみたい!」
実践的なレッスンを、体験してみたい」
他との違いを感じてみたい」

そう思われたあなた。
ぜひ、下記リンクからホームページに移動し、申し込みフォームからご予約くださいね♪
あなたの人生を変える出会いになるかもしれません。

大げさではなく、人生は、英語を身につけると変わります
あなたに、55段階英語村でお会いできるのを楽しみにお待ちしています^^。

55段階英語村では、勧誘は一切行っていません。40分で帰れます。

55段階英語村の立地は、おそらく銀座で随一ではないでしょうか。
日本一有名な銀座4丁目の交差点、目の前にあります。

銀座のシンボル、和光がはす向かいに見えます

地図上で見ると、このようになっています。

電車なら、丸の内線・日比谷線・銀座線のA5出口からすぐです。

地上への階段を上がっていくと、もう「55段階英語村」の看板が見えてきます。

大江戸線・東銀座駅からもすぐのところにあります。

55段階英語村では、説明会を「営業活動の場」とは思っていません。
「これから、がんばって英語を話せるようになりたい」
そう考えているあなたへの、情報提供の場だと思っています。

「英会話がまったくの初めて」という方も、「習った経験あります」という方にも、リラックスして参加いただけるようにしています。

説明会は15分 ほどです。

・日本人が英語を身につけられない理由は?
・英語村が提供できるレッスンは、どんなものか?
・どんな人に効果があるのか?
・55段階って、そもそも何?
・学費は?
・予約・キャンセルのルールは?

説明会の次は体験レッスンにご案内します。
英語村の「実践スタイルのレッスン」とはどのようなものかをしっかり体験いただきます。

体験レッスンが終了したら、料金表やレッスンのノートをお渡しして、終了となります。

余計な勧誘もないので、すぐに帰れます。

また、55段階英語村では「今日、入学を決めたら、ウン万円割引をしますよ!」なんてプレッシャーをかけるようなことは絶対にしません
他のスクールとじっくり比較いただいて、納得してから英会話を始めてほしいからです。
(ちょっと体験を受けにいってみようと思ったのに、何十万単位の契約を、その場で決めろと言うのは、けっこうキッツいと個人的にも思います)

ただし、「体験を受けてみよう」というやる気のあるタイミングで行動しないと、ついなあなあに流れてしまい、いつの間にか忘れてしまった。なんてことも起きかねません。
(私個人の経験ですが、30代の頃、3つのスクールに体験に行って、”高いなあ~、どうしようかなあ~”とウダウダしている間に、10年以上も過ぎていた、ということがあります)

なので、背中を押して応援する意味でも、「説明会から1ヶ月以内に入学すると、特別価格でのご案内」としています。

受講料については、こちらの過去記事をご参照ください。
●気になる英会話スクールの「学費」。55段階英語村のレッスン受講料は?
●英会話スクールの受講料比較は【見えない費用】に注意。

無料体験のお申し込みはこちら: 銀座の英語・英会話スクール 55段階英語村 
★無料体験レッスンの申し込み★

TEL:0120-428-815
OPEN 10:00~21:00(土日祝は~19:00)

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  英語村について  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
55段階英語村へのお問い合わせはフリーダイヤルにて受け付けております。0120-428-815

このページの先頭へ