前の記事 » 
次の記事 » 

ネイティブ講師と実験!コテコテのカタカナ発音もこうすれば通じたPart2

  公開日:2017/09/21
最終更新日:2018/06/19

※この記事は約4分で読めます。

こんにちは、55段階英語村のHullです。
英語村のブログでは、今まで「空耳英語」や「発音つき」の記事をたくさん上取り上げてきました。

音声付き記事をチェックしてみよう

そして先日、Juneが『実験。「”通じる”カタカナ発音」を探ってみた!コテコテの日本語発音、こう変えれば通じます。』の記事で、一体どんな風に発音すればネイティブにも通じる日本語発音になるのか、カタカナでも通じてるボーダーを探ってみました。

本日は、そのカタカナ実験の第2弾です。
 

コテコテの日本語発音を、外国人に投げかけてみたら・・・Part2

本日の実験材料は、↓この4つの英語です。

①エキゾチック
②ツアー
③グローバル
④カオス

カタカナ(日本人発音:Hull)発音で投げかけてみました。
私たちのカタカナ発音はどんな風に聞こえるのでしょうか?
そして、どんな発音なら通じたのでしょうか?

いかがでしたでしょうか?
動画の中でHullが普通に笑ってしまったり「へぇ~」なんて言っているのは、ご容赦くださいね。(笑)

ネイティブに通じるカタカナ英語はこれだ

一つずつ実験結果を見ていきましょう。

①エキゾチック

Exquisite(意味:非常に美しい、この上なく素晴らしい など)に聞こえてしまいました。
伝える英語にするにはエキゾチック→イグゾチックと言ってみましょう。
※あとでJake先生と話したところ、イグゾリックだとなお伝わりやすいそうです。

 
②ツアー

Sewer(意味:下水道)に聞こえてしまいました。
伝えるには、ツアー→ツア→トゥアーと言ってみましょう。

 
③グローバル

Grove(意味:木立)に聞こえたようです。
伝えるには、「ロ」のときに舌をできるだけ前に出す感覚でグローバル→グロウボウと言ってみましょう。

 
④カオス

Cows(意味:牛)に聞こえてしまいました。
(これは思わず笑ってしまいました。)
伝えるには最後の「ス」の音を小さめにカオス→ケオスと言ってみましょう。
※後ほどケイオスと言ってみたところ、それも伝わりました。

自分の英語スタイルを見つけましょう

 
いかがでしたでしょうか?

英語村は、「自分のスタイルで英語を話せるようになる」ための英会話を練習する場所です。
ネイティブのように完璧な発音は難しくても、伝わる英語が話せればそれは「あなたのスタイル」になります。
英語村の先生たちは、あなたにとって優しく頼もしい先生になるはずです。


英語を始めたいと思っているなら、せっかくなので英語村で試してみませんか?

体験レッスンはもちろん無料。もちろん勧誘なんてナシ。
どうせタダなら試す方が、お得です^^

お問い合わせ・無料体験のお申し込みはこちら: 銀座の英語・英会話スクール 55段階英語村 

TEL:0120-428-815
OPEN 10:00~21:00(土日は~19:00)

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  豆知識 動画付き  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
55段階英語村へのお問い合わせはフリーダイヤルにて受け付けております。0120-428-815

このページの先頭へ