前の記事 » 
次の記事 » 

発音が良くなる方法!?空耳英語~古墳と言ったら○○と聞こえてしまった~【音声付き】

  公開日:2017/08/28
最終更新日:2017/08/30

※この記事は約8分で読めます。

こんにちは、スタッフのHullです。

さて、本日は空耳英語をお届けします。

前にも一度触れたことがありますが、空耳英語とは、例えば「あげどうふ」って日本語で言うと「I get off.」「(電車やバスなどを)降ります」って英語で聞こえるというあれのことです。

ちなみに、前回の空耳英語はこちらに載っているので、よければ見てみてください。
空耳英語で発音が上達!? 愛知県編

とにもかくにも、この「あげどうふ」のように日本語をしゃべったら、それが相手に英語で聞こえてしまったという出来事が、またまたあったんです。
 

またまた空耳英語 古墳編

この前、Thomas先生とレッスンで使用するJAPAN TIMESを見ていたときに、こんなものを見つけました。

 
そうです、古墳ですね。
しかも日本で一番大きな仁徳天皇の古墳です。
この写真を見ながら、こんな話になりました。
 

Thomas
I wanna see this!
これ見てみたいんだよね!
Hull
あぁ~It’s KOHUN(古墳). Like a grave.
あぁ~これは古墳だね。お墓みたいなものだよ。
(紛れもなくお墓なのですが、一般のお墓とは少し違うという意味でlikeを使いました。)
Thomas
I know! But it’s like a tomb.
知ってるよ!でもこれはトゥームみたい。
Hull
Tomb? What’s tomb?
トゥーム?何それ?
Thomas
Uh…It’s like a pyramid. Big grave.
うーん、ピラミッドみたいで大きなお墓という感じかな。

 

ここで英単語豆知識!
お墓というのは、普通はgraveと言います。
しかし、墓石がついているような立派なお墓はtomb(トゥーム)と言います。
(例えばピラミッドのような大きなお墓で、通常お宝なんかと一緒に遺体が埋葬されているような、特別な人のお墓をイメージすると分かりやすいです。)

 

さて、一つ「へぇ~そうなんだ」となったところで、私は、この古墳は古墳の中でも前方後円墳と言うんだと、Thomas先生に教えたいと思いました。

Hull
We call this ZENPOUKOUENHUN(前方後円墳).
これは前方後円墳って言うよ。
Thomas
What…? ZENPO…?
何・・・?ゼンポウ・・・?
Hull
ZENPOU KOU EN HUN.
前方、後、円、墳。
Hull
うーん・・・One of the type of KOHUN.
うーん、古墳のタイプのうちの一つだよ。
Thomas
???
Hull
We call this type of KOHUN 前方後円墳.
このタイプの古墳を前方後円墳って呼ぶんだよ。
Thomas
???

だんだんThomas先生の顔がハテナになってしまいました。笑
困ったな…どうしようかなと思いながら、もう一度話してみるとThomas先生が、

Thomas
~~~~…but it is a grave.
~~~~、でもこれはお墓だよ

 

あら・・・??
今度は私がハテナでした。
(デジャヴですね。)

私はずっとお墓の話をしていたつもりなので、何か勘違いが起きているぞと思いながら、もう一度最初から話そうとしました。

Hull
OK, this is KOHUN(古墳), でしょ?
よし、これは古墳でしょ?
(Thomas先生、「でしょ?」の意味はバッチリ知っています。)
 
すると、こう言ったところで誤解が解けました。
 
Thomas
Oh!! KOHUN!
ああ!古墳か!
I thought you said coffin. Sorry.
「coffin」って言ったのかと思ったよ、ごめん。
Hull
え、コフン(coffin)・・・??
Thomas
Yeah, coffin is・・・
そう、coffinって言うのは・・・

 
そう言って説明してくれました。
なんと英語でもコフンと発音する(聞こえる)単語があるそうで、しかも棺を意味する英語なんだそうです。

ここで、見事に混乱を招いたこの単語の発音を聞いてみましょう。

(ちなみにこちらの単語は、Ray先生が発音してくれました。↓)

 
これは、誤解が起きるのも納得ですね。笑
 

英語は伝えようとすることが大切

言いたいことが全然伝わらなかったときはどうしようかと思いましたが、やはり頑張って話してみるものだなあと思いました。
私は英会話力も語彙もまだまだですが、まずは伝えようとすることが大事です
伝えようとして失敗するから、少しずつ新しいことを覚えていけるんですね。

 
それにしても
「古墳と棺」、同じような死に関係した単語が、英語も日本語も似た音で発音されているとは、なんだか面白い話ですね。

お問い合わせ・無料体験のお申し込みはこちら: 銀座の英語・英会話スクール 55段階英語村 

TEL:0120-428-815
OPEN 10:00~21:00(土日は~19:00)

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  豆知識 音声付き  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
55段階英語村へのお問い合わせはフリーダイヤルにて受け付けております。0120-428-815

このページの先頭へ