前の記事 » 
次の記事 » 

英語で会議。「さあ、始めましょう」って何て言う?ネイティブは”Let’s start.”と言わない?~ニュアンス解説・例文つき~

  公開日:2017/09/13
最終更新日:2017/09/18

※この記事は約6分で読めます。

こんにちは、英語村スタッフのJuneです。

先日、「始める」って英語で何というか、について掘り下げて考えてみました。

●「始める」って英語で何て言う?~ニュアンス解説・例文つき~

今日はその続きで、ミーティングなどで「始めましょう」という英語表現についてチェックしていきたいと思います。

というのも、「始めましょう」と言いたいときは単純に「Let’s start.」でよいと思っていたのですが、ネイティブスピーカーの感覚だと、「Let’s get started.」となっていることに、ふと気づいたからなんです。

「Let’s start.」って言わないの?
「Let’s start.」って言ったら、ヘンに聞こえるの?
会議などの場面では、「Let’s get started.」のほうがいいの?

これらの疑問を検証し、みなさんが「場面に合った英語が話せるようになる」ことが、本日のテーマです!
では、さっそく参りましょう。

 

ネイティブは「Let’s start.」と言わない!?

 

さっそく、「Let’s start.」と「Let’s get started.」の違いを、英語村のネイティブ講師に聞いてみました。

「Let’s start.」と誰かが言ったらヘンに思うか?

「Let’s get started.」と言われたときと、印象はどんなふうに違う?

●Thomas
「Let’s start.…うん、あまり言わない。何かを始めるときには、Let’s get started.って言うよ。
Let’s start.はもちろん間違った英語ではないし、ネイティブでも使う人はいる。受ける印象は”トーン”にもよるけど…やっぱりちょっと違和感はあるかなぁ。」
●Mara
「Let’s start.は、ちょっと一方的というかきつい感じがする。何かを本当にやらないといけないときとか、ちょっと上から圧迫するような…たとえばセールスがよくないときのミーティングとか、「いまこれをやる必要がある!」というシリアスな場面では、Let’s start.が合うと思う。
でも、Let’s get started.は、もっとソフトだしナチュラルな表現。周囲を気遣って、段階的に何かを始めていこうという感覚だな。」

なるほど。

個人差はあるけれど、やはり「Let’s start.」はつかわないようですね。

文法的にみても、

「Let’s start.」
⇒主役が”話者”。話者から周囲に対して「始める」という意思表示がなされている「Let’s get (it)started.」
⇒主役が”物事”。始めようとしている物事が中心にあり、それを囲んでいるみんなで、その物事を「始めた状態にさせましょう」という意味合い

と言えます。

●まとめ

「Let’s start.」には、「始めるよ」というやや一方的・強制的なニュアンスが出る

「Let’s get started.」には周りを巻き込んで「(みんなで)始めましょうか」という柔らかいニュアンスが出る。

ほんの少しの違いで、印象をコントロールできるんですね!

 

フォーマルな場面で「Let’s get started.」は使える?使えない?

 

では次に、「Let’s get started.」が「どんなときでも使える万能フレーズなのか?」を検証していきます。

注目したいのは、文頭の「Let’s 」です。

ちょっと、カジュアルな感じがしませんか…?

またまた、英語村の講師に聞いてみました。

●Thomas
「そうだね、”Let’s get started.”はカジュアル。”Let’s begin.”はもうちょっとフォーマルだね。
一番フォーマルな言い方は”Shall we ?”だよ。”Shall we start?””Shall we begin?””Shall we get started?”どれもOK。
でも、友達同士とか家族のあいだでは絶対に使わないよ(笑)。」

単語そのもののフォーマル度が start < begin なので、”Let’s begin.”はフォーマル向きのフレーズなのですね。
それでも、「Let’s」そのものがカジュアルな雰囲気のフレーズなので、フォーマルな場面では使わない。
「Let’s get started.」は、社内のミーティングや、ふだんづかいの言葉と言えそうです。

● まとめ

フォーマルな場面や対外的なプレゼンでは、
「Let’s get started.」は使わない。

”Shall we ~?を使ったフレーズを選ぶ。

 

 

みんなおしゃべりをしている。「ねえ、もう始めていい?(怒)」と言いたいときは?

 

では、もうひとつ。

何かを始めようとしているのに、メンバーがモタモタしていたり、おしゃべりをしていたり。

(イラっ)としてしまうようなシチュエーションでは、どういえばいいのでしょうか?

またまた、講師が教えてくれました!

●Thomas
「”Can we start?”っていう表現もあるけど、これは二通りの意味があるんだよ。
ひとつは、弱い立場・下の立場の人が、初めても良いでしょうか?と許可を求める言い方。
もうひとつは、周りがうるさいときとかに、イヤになっちゃって皮肉として”始めていいですかあ??”って言うとき。
すごく下手に出ているようで、じつは攻撃してる。こういうのを、”passive-aggressive”って言うよ。」
●Hannah
外国人とのコミュニケーションは、日本と全然ちがいますよ
たとえばおしゃべりしてて仕事に集中してほしいときに”Focus on”みたいな言い方しても、全然響かないです。
それよりもちょっと皮肉っぽく”Oh, is this time to be talking right now?”とか、”え、今っておしゃべりの時間だっけ?”って言ったほうが響くんです。」

今日2回目の、なるほど です。

すごく当たり前のことを言いますが、コミュニケーションの仕方や言葉の使い方も、文化によってこんなふうに違うんですね。

***********************

英語村では、場面にあった言葉づかい、そして、言葉だけではなく文化的なバックグラウンドについても学べます!

ほんのちょっとの違いで、印象が大きく違います。

文化の違いとセットで学べると、あなたのコミュニケーションがランクアップしますよ。

価値観が理解できると、言葉とひとつひとつ覚えるよりも、大きな進歩がありますからね!

ぜひ英語村で、言葉とそれをとりまく世界観を身につけてください。

お問い合わせ・無料体験のお申し込みはこちら: 銀座の英会話なら 55段階英語村 

TEL:0120-428-815
OPEN EVERYDAY 9:00~21:00

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  コラム 豆知識  

 

このページの先頭へ