前の記事 » 
次の記事 » 

「英会話を勉強したのに、”とっさの一言”がでない」あなたが変えるべきたった一つのこと

  公開日:2018/06/06

※この記事は約8分で読めます。

こんにちは、55段階英語村@銀座、スタッフのJuneです。

先日、東京MXニュースで「使える英語」が身につく実践型のスクールとして55段階英語村が紹介されました

放送直後から早速反響があり、「実践型の英会話レッスンは、社会から求められているんだ」と強く実感しました。

英会話に悩む方の、ある共通の悩み

朝日新聞の夕刊一面に掲載された際(2018.1.10朝日新聞社刊)も多くの反響がありました。
 ★記事のURLはこちらです
 「Let’s 使える英会話」朝日新聞(夕刊)20180110
 https://www.asahi.com/articles/DA3S13307267.html
 (朝日新聞デジタル)

英語村に来るみなさんは、ある共通の悩みを抱えています。

とっさの一言がでない・・!

いざというときに、出てこない。

言いたいことが英語にならない。

これを読んでくださっているあなた。
どうしてだかわかりますか?
どうして、勉強したのに話せないのか、わかりますか?

「勉強」しているからです。
「勉強」というのは、ここでは

テキスト(文字だけ)から学ぶ

ということを意味します。

文字だけから学んでいる限り、それはただの「暗記」になってしまいます。
通常、文字情報は、何度も何度も反復しないと記憶に定着しません
「勉強」という文字そのものが「強いて勉める」と書くように、ムリヤリにでも何度も何度も反復しないと定着しません。

でも、すぐに忘れてしまいます
「私がちゃんと勉強しないから、覚えられないんだ・・」と自分を責めるわけですが、悪いのはあなたではありません。
やり方が悪いんです。

ここでカギを握るのが、「勉強」「暗記」ではなく、「実践」「体験」から身につける方法です。

「実践」「体験」から英会話を身につけるのが、まさに英語村なのです。

勉強をやめれば、英会話は間違いなく伸びます。
なのに、
「文法をやりなおさなくっちゃあ・・」
「単語もわからないのに、会話はできないから・・」
「まずは聞き取りが必要だよね・・」
なんていって、本を買い込んだり、NHKの英会話に手をだしたり、通信教材を買い込んだり。

それでは解決にならないことがわかっていても、それで安心するんですね。

当事者になることから逃げている限り、英会話は上達しない

はっきり言わせていただきますと、「勉強してから話そう」という考えは「単なる逃げ」です。
英語を話すこと。
口からだすこと。
このことから逃げているだけです。
こわいんです。
困るのが怖いんですね。

口からだそうとしたときに、出てこないから困る。
困りたくない。
困りたくないから、まずは勉強しなくっちゃあ。

お気づきですよね、これは本能的に遠回りを選択しているんです。
むきあうのが怖いから、アレコレと「やらない理由」をつくりだして逃げ道をつくっています。

実際の会話で恥をかくことから逃げているんです。

逃げて、傍観者でいたいんですね。
楽だから。
はっきり言うと、傍観者でいる限り、英会話は上達しないんです。

「英会話の当事者になる」とは、どういうことか?

「そんなに言うなら、どこか英会話スクールにいって、会話をしてみよう」と思うかもしれません。
でも、一般的な英会話スクールにいっても、「会話の当事者になる」という経験はできません

なぜなら、一般の英会話スクールでやることは、「テキストに書いてあるAさんとBさんの会話を音読する」のと大して変わらないからです。
そして、文法的な観点から「10個の会話文を受動態に書き換える」とか「現在完了形に書き換える」というような作業ばかりです。

「会話の当事者になる」というのは、まったく違います。

「会話の当事者になる」というのは、たとえば、こんなことです。

駅の券売機の列に並んでいたら、新幹線のチケットの買い方を英語で聞かれた。
英語で答えなければならない。
さあ、どうする?

道を歩いていたら、観光客の方が迷って英語で道を聞いてきた。
自分も知らない場所だが、英語で答えなければならない。
英語で、どう説明すればいい?

テキストのAさんとBさんの会話をなぞるのとはまったく違う緊張感がありませんか?
テキストを捨てて、あなたがAさんになって、自分の持てるありったけの英語力で応答するのです。
これが、「当事者になる」ということです。
この「当事者になる」という経験こそが、英会話を上達に導くのです。

当然のことながら、「当事者になる」というのは(性格や英語レベルによって)苦痛が伴います。

英語にならない・・汗
単語を知らない・・汗汗
言い回しを知らない・・汗汗涙

これを書いている私も、はじめて英会話スクールに通ったときに、自分の仕事の内容を説明できなくて、目に涙がブワーーーーーっとあふれた経験があります(担当の先生、ゴメンナサイ)。

そういう「痛い思い」「はずかしい、くやしい体験」をすることこそが、実はすでに上達に向かっているんです。
テキストを読んで、AさんとBさんの会話をなぞっているうちは、「オホホ」と余裕をかましていられます。
なんてったって、しょせんヒトゴトですからね!
テキストに答えは書いてあるし、涼しい顔をしていられます。

でも、高みの見物をしていて、英語は身につくんでしょうか。
とっさの一言が英語で言えますか??

こうなるのがオチです↓。

「んが~!!わかんない!なんていうのこういうときっ・・!(悶絶)」

こういう悶絶があってはじめて、「じゃあどういえばいいのか」が脳にぐいっと入ってくるんです。
窮地に立たされた当事者にしか吸収できないことがあるんです。

英会話をマスターしたいなら、勉強をやめて、
会話の「当事者」になりましょう。
55段階英語村は、会話の「当事者」になって、英会話のインプットを鍛えることができる、他にはない英会話スクールです。

「とっさの一言」も英語で話したいなら、勉強をやめて「実践」から身につけること

「英語村は、【当事者意識】を持って学べる、本気の空間。」

実際に55段階英語村で学んでいる方の体験記を、ここでご紹介させてください。
40代男性のM・Mさんです。

会社の外部環境がどんどんグローバル化しており、将来的には外部資本になる可能性も否めないと感じていて、英会話には以前から関心を持っていました。とはいえ、これまでインプット中心の学習で耳慣れはしていたものの、アウトプットとしては聴いたことを繰り返すスピーキングのみで、圧倒的に少ないものでした。そのため、とっさの反応やリアクションが弱く、スムーズな会話のできないことが多くありました。そうした、様々な状況に対応できる「反応力」を身に付けたいと思っていたところ、見つけたのが英語村です

体験してみると、イメージしていたよりも実際のスタジオの作り込みがリアルで、様々なシチュエーションもリアルに再現されている点に「本気度」を感じました。先生のテンションが高くて印象も良く、とても楽しかったです。これまでにも良いと感じた英語教材に出会った際は「思い立ったが吉日」と購入してきましたが、今回は今まで以上にビビッと来たこともあり、すぐに申し込みの意志を伝えました。
実際にレッスンを進めていくと、日本に普通に住んでいるのでは経験できないシチュエーションが目の前で繰り広げられるため、本当に自分がその場で体験しているような「当事者意識」を持つことができます

先生がたくさん問題を出してくれるので、レッスンの間はずっと頭を回転させ続けで、刺激もたくさん!刺激が多いということは、それだけ多くの言葉や反応を覚えることにつながります。先生は、言葉が出てこない時にはヒントを与えつつ出てくるまで待ち、ミスした時には励まし、できたら褒めて元気をくれるので、「次また、来よう!」というやる気も出ます。

まだ始めて間もないですが、レッスンの各ステージで、実生活・実社会で役立つイメージができ、反応力がアップしたと思います。できるまで繰り返しトレーニングできるので、焦らず1段1段上がっていく気持ちがあれば、これから更に成長を実感できるのではないかと感じています。将来的には受身でなく、能動的に外資企業で働いてみたいです。海外勤務もチャンスがあればトライしたいですね!

Mさんのように、「インプット中心だったが、アウトプットの練習が足りていない」という方は当然、「とっさの反応」にお困りのことが多いと思います。
文中にあるように、「当事者意識を持って、頭を回転させ続ける」からこそ、「多くの言葉や反応を吸収できる」というわけですね。

テキストで学んでも「文字の暗記」にしかすぎず、すぐに忘れてしまいます。
(過去ブログ「知らないとお金をムダにする?英会話のコツ」で詳しく紹介しています)

「ぜひ自分も”会話の当事者になって”実践的に英会話を身につけたい!」という方、ぜひ一度体験レッスンにいらしてくださいね。

55段階英語村は、銀座駅A5出口からすぐです。
(地上への階段をのぼっているうちに、↓見えてきます)

体験後に時間をかけて勧誘したり、「当日申し込むと○万円も割引になります」というプレッシャーをかけることはありません
じっくり一ヶ月間、考えていただけます。
そして、気に入ったら、すぐにレッスンをスタートできます。

銀座にお買い物ついでに、ぜひ気軽にお立ち寄りくださいね。
ただいま、英語村で実際に学んでいるみなさんの体験記パンフレットをお渡ししています^^

お問い合わせ・無料体験のお申し込みはこちら: 銀座の英語・英会話スクール 55段階英語村 

TEL:0120-428-815
OPEN 10:00~21:00(土日は~19:00)

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  英語村について  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
55段階英語村へのお問い合わせはフリーダイヤルにて受け付けております。0120-428-815

このページの先頭へ