前の記事 » 
次の記事 » 

「無性に○○が食べたい!」は英語で何て言う?~プチ英会話~

  公開日:2017/06/03
最終更新日:2017/06/14

※この記事は約5分で読めます。

こんにちは!
55段階英語村スタッフのHullです。

暑くなってきたので、冷たいものが恋しくなりますね!

 

いま無性にカキ氷が食べたい!
キンキンに冷えたビールが飲みたいなあ
なんか炭酸が飲みたい。
などなど、夏は無性にほしくなるものがたくさんありますよね。
(↑夏に限らずいつもですかね?笑)

さて、そんな「○○が今すごく欲しいんだ。」という気持ちは
英語ではどのように表現するのでしょうか?

正解は・・・

cravingを使います!

I’m craving ○○.
という使い方ができます。

たとえば

今ものすごいケーキが食べたい!

I’m craving a cake!

という感じです。

 

 

これは英語村の先生が

teacher
I’m craving chocolate.
と言ったときに偶然教えてもらったのですが

またまたとっても便利な英会話フレーズですね。

 

 

cravingが「何かがとってもほしい」という状態を表すことができる言葉なので、
「無性に」という日本語にこだわらなくても

なんかすっごく炭酸が飲みたい気分!
甘いもの食べたい・・・。
なんてときも
I’m craving soda!
I’m craving something sweet…
という風に、cravingが使えますよね。

 

 

ちなみに
「無性に」や「欲しくてたまらない」をネットで調べると
「very much」とか「unbearably want」とかって出てきました。

なんだか、全然違いますね・・・!

ちょっと私の独特な表現かもしれませんが、
すごく日本語っぽい英語だとは思いませんか??

最近、私も英語が少しできるようになってきて、(やっとです。それでもほんの少しですが・・・)
先生たちと話していて感じるのは

私たちが習ってきた英語と
先生たちが使う英語がなんだか全然違うぞということです。

 

やっぱり、英語ネイティブらしい言い回しというものがあるんです。

そしてそれと同じように
日本語英語らしい言い回しもあり、それをしてしまう日本人が非常に多いように感じます。
その違いについては、いつかブログでお話しますね!

とにかく、今回改めて思ったのは、
やはり英語を学ぶなら、ネイティブの先生に会って、
しっかり教えてもらわなければ、ダメだ!ということです。

あなたが、もし本当に英語を話せるようになりたいと思っているなら
ぜひ一度、55段階英語村の先生に会いに来てみてください。

 

 

さて、話がそれてしまいましたが
今日はcravingのお話でしたね。

ちなみにですが、cravingは先ほどのとは別の言い方で
I have a craving for ○○.
という言い方もできるそうです!

気分によって、使いわけしてみるとよさそうですね!
————————————————————————-
お問い合わせ・無料体験のお申し込みはこちら: 銀座の英会話なら 55段階英語村 

TEL:0120-428-815
OPEN EVERYDAY 9:00~21:00

※見学会や体験レッスンにお越しいただいた方への、営業の電話は一切しておりません。
どうぞお気軽にご参加ください。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  豆知識  

 

このページの先頭へ