前の記事 » 
次の記事 » 

キッズ英会話「スクールを変えるべき」3つの基準

  公開日:2018/02/12
最終更新日:2018/02/14

※この記事は約7分で読めます。

こんにちは、55段階英語村@銀座、スタッフのJuneです。
今回はキッズ英会話の「スクール選び」についてお伝えしていきます。

キッズの英会話スクール「お悩みあるある」

私自身が二人の子どもの母であり、「子どもには英語を話せるようになってほしい!」とおもっています。
ですから、本気で「キッズ英会話のスクール選びの条件」を考えてみたいと思います。

そのためには「よくあるお悩み」をもとに、それを解決してくれるのはどんなスクールなのか?を考えていきたいと思います。
先日、あるお母さんからこんなお悩みを聞きました。

もう3歳のときから5年間通わせているけど、まったく話せるようにならないんです。もう、スクール変えようかな・・

もったいない!!!!!!!!!!!
月に1万円はするスクールに通っているわけだから、100万円ちかいお金をかけています。
投資のリターンが得られていないのなら、悩んでも当然ですよね。

どうしてこういう「悩み」が生まれるのかというと、こんなふうに「結果がでていない」からですよね。

「結果」=英語が楽しく身についたかどうか

楽しいだけでは足りないし、イヤイヤやっていては身につかない。

結果がでないから悩みが生まれる。
そして、「ほかにいいスクールないかなあ・・」と迷うことになるんですよね。

では、入学した生徒さんや、身近にいる人から聞いたお悩みをもとにお話していきます。

お悩みあるある①うたっておどって終わり・・

よくあるのは、「歌って踊って、ゲームをして、楽しいけれどサッパリ身につかなかった」というパターンです。

まず、この手のスクールに通わせるメリットは何か。
「外国人」や「英語」とふれあって、それらが身近なものだと感じられる。
遊びの延長で、英語に慣れ親しむことができる。
この2つではないでしょうか。

どうして、楽しんでも結果が出ないのか?
理由は、残るものがないからですね。

どうして、残るものがないのか?
理由は、おそらくですが、「目的がわからないから」ではないでしょうか。

大人でも同じで、「楽しかったけど、これって何の役に立ってるんだろう・・?」と思ってしまうと、その時間はムダになっていますよね。
子どもも、「楽しいけど、それだけ」もしくは「楽しいかどうかもわかんないけど何となくその場にいる」という感じなのでしょう。

〇55段階英語村はどうでしょう?

55段階英語村のレッスンは、ロールプレイ主体で学んでいきます。
お客さんになったり、店員さんになったり。
ときには、友だちと一緒に買い物をするシチュエーションだったり・・
お友達のおうちに招かれたときのシチュエーションだったり・・

とにかく、たくさんの場面の中で、「目的のある会話」をします
ハンバーガーを買う。
違う色がほしい、と言う。
お茶をこぼしてしまって、あやまらないといけない。

「場面」ごとに、「目的のある会話」をするから、「できた」という達成感があります。
その達成感から、「もっとやりたい」という意欲が生まれます。
「もっとやりたい」とがんばるから、もっと上達します。
このサイクルが回り始めるんです。

(これを、私たちは「成功のサイクル」と呼んでいます。)

さらに良いのは、「英語って役にたつ道具だ」という感覚が自然に身につくことです。
「やらされている、オベンキョウ」という捉え方ではなくなります
「楽しんで、結果をだす」ことができるようになるんですね。

55段階英語村なら、目的のあるロールプレイで、楽しく有効な会話が身につく。

お悩みあるある②レベルがぜんぜん合ってない!

これもよくある悩みですね。
じつは、私自身も親として直面した問題でもあります。

それは、難しすぎること。
テキストと子どものレベルがぜんぜん合っていないんです。

これは、ほんとうに多くのお母さんが言っていることです。
これ、難しすぎない?
子どもだから何となく吸収していくのかね??

私自身は、子どもが小2のときに最大手の英会話スクールに短期間ですがお世話になりました。
アルファベットもろくにやっていないのに、渡されたのは中学レベルの文章が掲載されたテキスト。
もちろん、アルファベットはフォニックス(文字と発音をひもづけた教育法)のときに触れるようになっていましたが、明らかに難しい・・。

「これって・・難しすぎませんか?」
と質問したら、カウンセラーさんが
「ああ、でもずっとやっているうちに慣れてきますから」
と教えてくれました。

(まじか)と思いましたが、(ま、言葉なんてそんなもんかもしれない。子どもって、大人の話とかニュース聞きかじって難しい言葉おぼえたりするもんねー)と思って、ノンビリ構えるようにしていました。

しかし、レッスンの後に子どもにきいても、まったく理解していない。
どうしても意味があるものだと信じることができなくなってしまいました。

〇55段階英語村はどうでしょう?
55段階英語村は、無段階方式。
その子に完全にあったレベルで、マンツーマン指導をします。
他のスクールでは、「レベル分けをします」「だから、その子のレベルにぴったりです」とうたっています。
もちろん、レベルに合った指導をするのは正解です。

でも、55段階英語村では、さらにきめ細かいのです。
特定のレベルにその子をあてはめることすらしません。
たとえば、100点満点中60点の子は、下記のレベルスケール上では中級レベルです。
【 0~59点】 基礎レベル
【60~79点】 中級レベル ←60点の子はココ
【80~100点】上級レベル
60点の子はギリギリ中級レベルに入れたけれど、中級の一番下ですから、テキストは少し難しいかもしれません。

英語村では、レベルチェックはしますが、特定のレベルに生徒をあてはめません。
講師間でレベルを共有して、その子にぴったり合ったレッスンを提供します。

大事なのは、「少しがんばったらできるライン」にゴールを設定すること。
それが一番、やる気がでる目標設定です。
55段階英語村なら、それができます。

55段階英語村は、無段階方式で、生徒にぴったりあったレベルのレッスンが受けられます。

お悩みあるある③人数が多くて埋もれてしまう・・

「人数が多いと楽しくてテンションが上がり、集中できなくなる」

これもまた、私自身が悩んだことでもあります。
(もしかしたら、男の子にこういう傾向が多いかもしれません)

教師の注意が分散しているので、ソワソワしてしまう。
これは、先生が悪いわけでも、子どもが悪いわけでもないと思うんです。
単純に、環境の問題。
設定の問題だと思うんです。

もしマンツーマンだったら、とたんに落ち着くはずです。
教師の注意が、ずっと自分に注がれているからです。

〇55段階英語村はどうでしょう?
55段階英語村は、前述のとり、マンツーマン指導。
その子に完全にフォーカスしてレッスンを行います。

また、ロールプレイの中で役割がはっきりしているので、集中して取り組むことができます。
また、集中できる理由はそれだけではなりません。

「そこに、モノがある」ということも、集中力を助けます。
テキストから学ぶことには、どうしても限界があります。

テキストには情報がたくさんつまっているので、テキストがあるだけで親も安心してしまいます。
「ロールプレイなんて、なんかムダが多そう」なんて、思われる方もいらっしゃるかもしれません。
身体の動きが入るぶん、それはある意味あたっているとも言えます。

でも、たとえ遠回りに見えても、印象に残って、身につくほうが良い、というのが私たちの考え方です。
その考えに賛同してくださっている生徒さんが、たくさんいます。

55段階英語村は、マンツーマンレッスンと、集中できる環境で英語を身につけます。

興味をもった方は、説明会・無料体験レッスンにお越しください。
「1週間以内に入学するかどうか決めてください」などとせかすようなことはいたしません。
きちんと考えて、他スクールともじっくり比較して、納得してから入学できるように配慮しています。

見学会・体験レッスンの予約はHPからどうぞ: 銀座の英語・英会話スクール 55段階英語村 

TEL:0120-428-815
OPEN 10:00~21:00(土日は~19:00)

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  子ども英会話  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
55段階英語村へのお問い合わせはフリーダイヤルにて受け付けております。0120-428-815

このページの先頭へ