前の記事 » 
次の記事 » 

日本人は気をつけよう 通じないカタカナ英語100選

  公開日:2019/02/21
最終更新日:2019/03/12

※この記事は約14分で読めます。

みなさんこんにちは、55段階英語村@銀座、スタッフのJuneです。
今日は、「通じないカタカナ英語」について紹介していきます。
カタカナ英語とひとくちにいっても、由来は様々です。

①英語をカタカナに書き起こしたもの
②さまざまな国からきた言葉をカタカナにしたもの(外来語)
③日本人が外来語をアレンジしたもの(和製英語)

ざっと分類するとこのようになります。
私Juneの個人的な体験から申しますと、

June
カタカナだから、それを英語っぽく発音すりゃ、いけるだろ^^
なんて軽く考えていました。
しかし、英語村にきてネイティブと会話するうちに、そんなお気楽な頭をハンマーでなぐられたかのような衝撃を、何度も何度も・・受けてきました。

(今、再燃しているシティハンターの冴羽獠が女子からハンマーでなぐられる、ちょうどアレのイメージですね・・)

友人からは、「海外にいって、ビニール袋がほしくて、ビニールバッグって何回も言ったのに通じなかった」というエピソードも聞いています。

友人
ビニールバッグ、プリーズ
レジの外国人
Excuse me?
友人
ビニールバッグ!ビニールバッグ!
レジの外国人
Huh?

ビニール袋は英語でいうと・・
plastic bag

知らないと、不便ですね。
知らないと、恥ずかしいですね。

というわけで、「通じないカタカナ英語」じゃんじゃん紹介します。
代表的で、すぐに使える100個をご用意しました。
海外旅行に、日常のコミュニケーションに、ぜひお役立てください。

英語をカタカナに書き起こしたもの

もとは英語の言葉をカタカナに書き起こした、ザ・カタカナ英語です。
英語と日本語の発音がまったく違う部分を、うまくカタカナに置き換えられず、苦し紛れにカタカナを当てているので、カタカナをそのまま読んでも外国人には伝わりません。

そして、たいていの場合、ネイティブの本家本元の発音を聞いても、日本人にはわからないことが多いです。

•Stew シチュー

発音は「すとぅー」のようになります。

•Travel  トラベル

発音は「とぅらばる」のようになります。

•Trouble トラブル

発音は「とらぼぅ」のようになります。

•Concierge コンシェルジュ

発音は「こんすぃえーじゅ」のようになります。

•Leather レザー

発音は「れだー」のようになります。

•Allergy アレルギー

発音は「あれじー」です。

•Wool ウール

発音は「うーぅ」のようになります。

•Virus ウイルス

発音は「ヴぁいあらす」のようになります。

•genre ジャンル

発音は(米語の場合)「じゃんらぁ」のようになります。

•Tour ツアー

発音は「とあー」のように聞こえます。

•Status ステイタス

発音は(アメリカ英語の場合)「すたです」のようになります。

•Career キャリア

発音は「くりーぁ」のように聞こえます。

•Laundry ランドリー

発音は「らんじゅりー」のように聞こえます。 (ランジェリー=女性の下着、と間違えてしまうケースもあります)

•Theme park テーマパーク

発音は「すいーむぱーく」のように聞こえます。

•Iron アイロン

発音は「あいあん」のように聞こえます(鉄?と思ってしまいますね。同じなんです。)

•herb  ハーブ

発音は「うーぶ」のように聞こえます。(これを知ったとき、発音が全然違うので「そんなバカな」と思いました)

•lingerie ランジェリー

発音は「らんじゅり」のように聞こえます。

•Odyssey オデッセイ

発音は「あーでゅすぃー」のように聞こえました。かなり違いますね。

•Energetic エネルギッシュ

発音は「えなじぇてぃっく」のように聞こえます。

•Adult アダルト

アメリカ英語の場合、発音よりもアクセントに注意です。

【会社やサイトの名前】

•IKEA イケア

発音は「アイキア」になります。「i」は「アイ」と発音するんですね。

•COSTCO コストコ

発音は「こーすこ」(人によって「かーすこ」)のようになります。「t」は消えてしまうんですね。

•McDonald’s マクドナルド

発音は「みく・だーのぅず」のようになります。アメリカ英語では「o」の音は「あ」に近い音になりますね。

•Mercedes-Benz メルセデス・ベンツ

発音は「まるすぃーでぃす」のようになります。

•Twitter   ツイッター

アメリカ英語の場合、発音は「とぅいだー」のようになります。イギリス英語の場合はカタカナとそこまで違和感ない発音になります。

•Mercari  メルカリ

発音は「もぅくり」のようになります。

さまざまな国からきた言葉をカタカナにしたもの(外来語)

もとは英語かな?と思いきや、ポルトガル語だった・・とか、ドイツ語だった・・とか、いろいろなケースがあります。

• ベルギー
⇒英語では Belgium 

発音は「べるじゃむ」のように聞こえます。

•ドイツ
⇒英語では Germany

発音は「じゃーまにー」です。これはご存知の方も多いですね。

•イギリス 
⇒英語では England

発音は「イングランド」。こちらもすでに常識に近いでしょうか。

•オランダ 
⇒英語では Netherland

発音は「ねだーらんど」のように聞こえます。

•アルバイト 
⇒英語では part time

もとはドイツ語(Arbeit )です。英語では「パートタイム」ですね。

•アンケート 
⇒英語では  survey, questionnaire

もとはフランス語(enquête)。英語では「サーベイ」「クエスチョネア」と言います。(クエスチョンがもとになっているので覚えやすいですね)

•マロン
⇒英語では Chestnut 

こちらももとはフランス語( Marron)です。英語では「チェスナット」です。(子どものころから、マロンは英語だと思っていました・・)

•ゴム 
⇒英語では rubber 

ゴムはもともとオランダ語(Gom)だそうです。英語では「ラバー」になります。(写真の「輪ゴム」は英語で「ラバーバンド」です)

•イクラ
⇒英語では  Salmon Roe  

イクラは日本語だと思っていたのですが、実は「キャビア」を意味するロシア語(Ikra)だとか(!)。英語では「サーモン・ロー」です。

•コック cok (cook)

コックは英語だろうと思っていましたが、日本語の「コック」はオランダ語からきているんだそうです。こちらも意外でした。

•ノルマ
⇒英語では quota

イクラに続き、こちらももとはロシア語(norma)だそうです。英語では「quota」、「クォオゥタ」と発音します。

•レントゲン
⇒英語では X Ray 

もとはドイツ語(Röntgen)。医療用語はドイツ語が多い印象ですね。英語では「エックス・レイ」です。

•テーマ
⇒英語では  Theme

こちらももとがドイツ語(Thema)です。英語では「Theme」、「すぃーむ」のように聞こえるはずです。

日本人が外来語をアレンジしたもの(和製英語)

これはものすごく!たくさん!あります。
英語でなんというかをどんどん確認していきましょう^^

•オープンカー Open car?

⇒ 英語では Convertible

•ウインカー winker ?

⇒ 英語では blinker(米), indicator(英)

•ハイテンション High Tension?

⇒ 英語では  Lively, energetic

•ジェットコースターJet Coaster ?

⇒ 英語では Roller Coaster

•ホーム Home ?

⇒ 英語では platform

•コンセント Concentric?

⇒ 英語では  outlet 

•メタボ metabolic ?

⇒ 英語では pot belly 

•ノートパソコン notebook personal computer ?

⇒ 英語では laptop 

 ※ lap とは「座った時の太ももの上」のことです。(立つとlapはなくなりますよ
 

   lap の top にあるから laptop なんですね^^

•バイク Bike ?

⇒英語では motorcycle 
英語で「バイク」といえば、自転車のことです。

•サラリーマン Salary Man ?

⇒英語では Office worker 
日本では”Salaried man”の意味で大正時代から使われているようですが、それだと通じません。

•OL(オフィスレディー) Office lady?

⇒英語では  female office worker 
(ここでは、OLを説明するために英語にしています。わざわざ日本のように女性であることを強調するような使われ方は通常しません)

•スタイル Style ?

⇒英語では Figure 
 「スタイルがいいですね」と言いたい時には、この Figureを使います。

•ワンピース / ワンピ One piece ?

⇒英語では Dress 
 ※ちなみに、私たちが想像する豪華な「ドレス」も「dress」です。

•ストッキング Stocking ?

⇒英語では panty hose 
 ※英語で「ストッキング」というと、ひざ(もしくはひざ上)まである長い靴下のことを言います。サンタがプレゼントを入れてくれる靴下も、「Santa stocking」です。

•トレーナー Trainer?

⇒英語では sweat shirt 
※英語でTrainerというと、コーチやトレーナーのことを意味します。

 Trainers でsがつくと、スニーカーのことになります(びっくり)。

•シャープペンシル sharp pencil?

⇒英語では mechanical pen 

•ビニールバッグ(袋) Vinyl bag?

⇒英語では plastic bag 
 冒頭でもご紹介しました

•ピアス Pierce ?

⇒英語では  Piercing, earring 

•レンジ Range ?

⇒英語では microwave 

•ポーチ Pouch?

⇒英語では purse  
※英語でPouch というと、発音は「ポーチ」ではなく「パウチ」になります。
 パウチは、袋という意味になりますので、ジップロックからカンガルーのおなかの袋までが全部「パウチ」です。

•スキンシップ Skinship ?

⇒英語では close physical contact 

•ベビーカー Baby car?

⇒英語では stroller, pram 
※ちなみに、pram を画像検索するとこういったタイプのベビーカーの画像がでてきました

•ミキサー Mixer ?

⇒英語では blender 
英語で Mixer というと、「人付き合いの良い人・社交上手な人」という意味で使われることがあります。「人々をミックスする」ということですね。反対に、人付き合いの悪い人は「bad mixer」と言います。

•パーカー Parka ?/Parker ?

⇒英語では hoodie 

•リンス rinse?

⇒英語では Conditioner 
※英語で「リンス(rinse)」は「すすぐ、泡などを洗い落とす」という意味の動詞です

•レジ

⇒英語ではCash register
「レジ係の人」のことは「キャシアー(cashier)」と言います

•カバー Cover?

⇒英語では case (枕やクッションのカバー)

•マフラー  Muffler?

⇒英語では scarf 
※英語で「マフラー(Muffler)」は車やバイクの排気ガスを逃がす管のことです

•ホチキス Hotchkiss (Stapler, Name of the inventor) 

⇒英語では Stapler 
※ステイプラーは、発明した方のお名前なんだそうです。
 「ホッチキス Hotchkiss 」で画像検索をすると、車の画像がたくさん!車のメーカーの名前なんですね。

•ショートパンツ short pants?

⇒英語では shorts 
 ※ショートパンツは、(死語かもしれませんが)ホットパンツのことで、お尻ぎりぎりの短いものを言います

•パンツ pants?

⇒英語では underwear, panty(女性)

•ジーパン Jipan ?

⇒英語では Jeans 

•ルームウエア room wear?

⇒英語では pajamas, house clothes 

•ラメ rame?

⇒英語では glitter 

•サービス service?

⇒英語では discount  
※「サービスしてください」が割引を意味するというのは、若い方はもう知らないかもしれませんが・・

•マンション mansion?

⇒英語では apartment, condominium 

※英語で mansion を画像検索すると、↓のようなものが出てきます。目で見ると違いがわかりやすいですね(お城とか宮殿っぽい感じもしますね)

•バイキング viking?

⇒英語では buffet 
※「ばふぇ」 のような発音になります

•カンニング cunning?

⇒英語では cheating 
※cheat は、ごまかす・だます・カンニングをする、という意味です。米語では「浮気をする」という意味でも使われます。
 cunning は ずる賢い、狡猾、という意味です(キツネの画像がたくさん出てきました)。

•クレーム claim?

⇒英語では complaint 

•マジックテープ magic tape?

⇒英語では velcro 
※マジックテープ、わかりやすいネーミングなんですけどね!英語で調べてみると、テープの製品名でした。

•シール seal?

⇒英語では sticker 
※英語で「シール(seal)」を調べてみると、アザラシの画像がたくさんでてきました

•ハーフ half?

⇒英語では half Japanese / mixed  
※ユーラシア人とアジア人のハーフのことを、Eurasian(ゆーれいじぁん)と言います

•ニューハーフ new half?

⇒英語では transgender 

•モーニングサービス morning service?

⇒英語では breakfast discount 

•ブラックジョーク black joke?

⇒英語では dark joke 
 ブラックではなく、ダークなのですね!けっこう驚きました。ブラック企業は英語でなんと言うのかな?と思って調べてみたところ、「toxic company/corporation」と出てきました。黒どころか「毒!」。ちなみに、「black company」でも検索結果が出てきますが、「Japanese term」と書いてあります。ブラック企業は英語圏でも知られている日本語なんですね。 

•ハンドル handle?

⇒英語では steering wheel 
※英語で「ハンドル(handle)」というと、「ドアのハンドル」や「バッグのもち手」が思い浮かぶそうです。

•フロント front?

⇒英語では reception 

暗記だとすぐに忘れる。でも、実践しながら覚えると吸収が全然ちがいます

55段階英語村は、みなさんの英会話力アップを、実践スタイルのレッスンで応援します。

こんな「通じないカタカナ英語」を、ざっと知っておくことも重要ですが、実際のコミュニケーションの中でつかってみて、「わからなかった・・」と困った体験や、「通じた!」という成功体験が、あなたのアウトプットを磨いていきます。

55段階英語村は、生活に密着したシーンで、実際に英語を話すことで、使える英語をどんどん増やしていく場所です。
ほかの英会話スクールとはまったく違ったレッスンを、ぜひ体験してみてください。

興味をもってくださった方は、ぜひWEB・フリーコールで無料体験レッスンをご予約ください。
こちらから↓簡単にご予約いただけます。

無料体験レッスン 予約ページへ  

私たちは、勧誘は一切いたしません。
既存の英会話スクールとの違いや、英会話を身につけるためのコツをお話する、情報提供の場と考えています。

他スクールのように「本日中に入会すれば、〇万円もオトクになります」などと、プレッシャーをかけることもしません
安心してお越しくださいね。

TEL:0120-428-815
OPEN 10:00~21:00(土日祝は~19:00)

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  コラム  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
55段階英語村へのお問い合わせはフリーダイヤルにて受け付けております。0120-428-815

このページの先頭へ