前の記事 » 
次の記事 » 

【英語で文化】アメリカ人のお宅に訪問。靴は脱ぐ、脱がない??

  公開日:2019/06/07
最終更新日:2019/06/18

※この記事は約6分で読めます。

こんにちは、55段階英語村@銀座、スタッフのJuneです。
今日は、ちょっと意外な(?)文化の違いのお話です。

アメリカ人は家の中でずっと靴をはいている?

講師のJakeと受付で話をしていたときのことです。
どういう話の流れか、靴の話になりました。

海外ドラマを何本かみて、「アメリカ人は家の中で靴をはいている」と思っていた私。
こんな感じだと思っていました。
 ↓

でもそのことをJakeに言うと、「え?家の中では靴ぬぐよ?」とのこと。
ちょっとした驚きでした(私が知らないだけでしょうか)。

え?
え?
どういうこと?
アメリカ人って家の中を靴はいて歩き回ってるんじゃないの?

もしかして、私と同じことを思っている方がいるかもしれない、と思い、Jakeに解説してもらいました。
動画でご覧ください^^
※英語字幕つきです

★タップしてスクリプト(英文+和訳)をみる 
Here is a big cultural difference for you.
みなさんにお伝えしたい、大きな文化の違いがあります。
In both Japan and America, people take their shoes off when they come home to relax.
日本でもアメリカでも、家でリラックスするときには靴を脱ぎます。
But in America, it’s not as big of deal to walk inside with your shoes on.
でも、アメリカでは靴をはいたまま家の中に入るのは、そんなにたいしたことではないんです。
For example, if I forget my phone inside before I go out, in America it’s okay to go back in, with my shoes on, grab the phone, and head outside.
例えば外出するときに電話を忘れたとして、アメリカでは靴をはいたまま中に戻って、電話をとって、外にでます。
But in Japan, of course if I forget my phone, I have to take my shoes off again, go inside, get the phone, put my shoes back on, and then head outside.
でも日本なら、もちろん電話を忘れたならば靴を脱いで中に入って、電話をとって、靴を履きなおして、そして外に出る。
How about if I go to someone’s house for the first time?
じゃあ、誰かの家に初めて行くときはどうでしょうか。
Well, in Japan of course I’ll take my shoes off at the front door, and be given slippers to wear inside.
うん、日本ならもちろん玄関のところで靴を抜いて、中ではくためのスリッパを渡されますね。
But in America, I won’t take my shoes off, unless I’m told to take them off.
でも、アメリカでは靴をぬいでねと言われない限り、脱ぎません。
I’ll just come inside, sit and relax with my shoes on.
そのまま中に入って、座ってくつろぎます。靴をはいたままね。

Here at Eigomura, you can learn lots of cultural information like this, while practicing with realistic props and booths.
ここ英語村では、リアルな場所やものを使って英会話を練習しながら、このようなたくさんの文化的なことを学べます。
Learning in this FUN way will help your English grow in more immersive and efficient way.
このように楽しく学べば、より場面に入り込んで効率よく英語を伸ばすことができるんです。

英語村では、文化の違いを知り、会話の中で実践できます

55段階英語村は、英語の文化・生活の中に入り込んで英会話を身につけます。

文化的な情報は、本やネットから知識として吸収できるかもしれません。
でも、それを知っただけで”実際のコミュニケーションの場でどうふるまうか”までは出来るようになりません。

ただ知識として「知っている」ことと、実際の場面で「できる」ことは別物。
「知る」だけではなく「できる」ところまでシミュレーションしながら英語を使って身につける。これが英語村と既存の英会話スクールの一番の違いです。

旅行時のチップの実際の渡し方、ホームパーティの時のお作法、注意が必要なボディランゲージなどなど・・言葉だけではない、言葉をとりまく色々なものも感じ取りながら、英語をたっぷり吸収していきましょう^^

実際に英語村で移住前、赴任前の対策をされた方は
とっても満足してくださっています。

アメリカのディズニーワールド内にある
日本食店での勤務が決まった丹野冬子さん。
(丹野さんの体験談⇒アメリカ赴任前!“リアルな場面”で学べるから「英語村」を選びました。

ご主人のアメリカ転勤に伴って、
ご自身が英語の対策をする必要が生じ、
様々なスクールと比較した結果
「一番いい」と英語村を選んでくださったFさん。
(Fさんの体験談⇒ ご主人の海外赴任「記憶に残りやすいレッスン!」~30代女性のF・Mさんより~

無料体験で、他との違いをぜひ感じてください。

体験後の勧誘や、当日申し込みのプレッシャーもありません

お気軽にお越しくださいね。

お問い合わせ・無料体験のお申し込みはこちら: 銀座の英語・英会話スクール 55段階英語村 

TEL:0120-428-815
OPEN EVERYDAY 10:00~21:00(土日祝は~19:00)

■ブログの英文・和訳を監修した人■

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  コラム 動画付き  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
55段階英語村へのお問い合わせはフリーダイヤルにて受け付けております。0120-428-815

このページの先頭へ