前の記事 » 
次の記事 » 

「暑い」は英語で?「今日も暑いですね」「ホント、まったくですね」って英語で何て言う?

  公開日:2017/08/27
最終更新日:2017/09/11

※この記事は約6分で読めます。

こんにちは、55段階英語村スタッフのJuneです。

先日、「この時期にしては雨が多い」って何て言うの?というテーマでブログを更新したばかりですが、その翌日からまた暑さがぶり返してきました。

ニュースでは、街頭インタビューされた女性が「雨ばかりだと不安でしたけど、いざ(暑さが)戻ると、イヤですね(笑)」とお話されていて、「まったくだ」と思いました。

そこで、今日のテーマはズバリ、「暑い」って英語で何て言うのか?です。
「hot」に決まっとるやんけ、というツッコミがきそうですが(汗)、日本語でも「暑い」にはいろいろな表現がありますよね。

酷暑、猛暑、ムシ暑い、コゲそう、溶けそう、などなど。

ニュアンス別の表現をチェックした後に、「今日もまた暑いですね」などの会話文例をご紹介していきます!

 

日本の夏は、「気温が高い」+「湿気」のミックスだから…

 

まず、「気温が高い」。
当然、言わずと知れたこの言葉。

暑い= hot

そして、日本の夏の暑さの特徴といえば、「湿気」。
「湿気」だけの意味だと「damp」という言葉があてはまります.

ジメジメする= damp

「湿気があって気温が高い」という意味なら、この言葉です。

ムシムシする= humid

これに近いもので、もっと暑くて不快感が高まると、こちらになります。

ムシ暑い= muggy

湿気にプラスして、汗をかくとベタベタして気持ち悪いですよね。
そんなときに使うのはこの言葉です。

ベタベタする= sticky

汗だけでなく、ベタベタと粘着性のあるものは、全部stickyです。
(シールは sticker です。
個人的には、stick って「棒」のイメージがあったので最初は意外でしたが…)

 

「気温が高い」を英語で言うと…?

 

湿気だけでも不快感は高まりますが、そこに「気温の高さ」が加わると、いっそうキツくなりますよね。

うだるように暑い= sweltering

swelteringは、「湿度」と「高温」のコンボのニュアンスがあるようです。
聞いたことがある方も多いかもしれません。

「気温が高くて、暑い」を表す表現には、次のようなものがあります。

猛暑= boiling hot

「沸騰している」のだから、これはもう相当に暑いことを表す表現ですね。

同じような比喩表現で、もう一つ面白いものがあります。

ジリジリと暑い= sizzling

「sizzle」は、お肉を焼くときの「ジュージュー」という音を表す言葉です。
(広告業界では、一時期、購買意欲を掻き立てる要素を「シズル感」なんて言っていました)

(暑くて)コゲそう= roasting

このroasting も、感覚的には「sizzling」と近いのでしょうね。

焼けつくような= scorching

こちらもものすごく暑い、という表現ですが、「sizzling」は音を表す表現なので、「ジリジリと」のニュアンスは”音が聞こえるほど暑い”という「sizzling」の方が近そうです。

そして、日本語で「もう、溶けそう(に暑い)」と表現する人もいると思いますが、英語でも「まんま」の表現を使います。

溶けそうに暑い= melting hot

英語村での講師との会話では聞きませんが、「hot」の類語を調べると、こういった↓表現も出てきます。

酷暑= blistering heat

 

「今日も暑いですね」「まだ暑いですね」は英語で何て言う?

 

ここまでは語彙だけをチェックしてきましたが、次は会話に使える便利なフレーズを見ていきましょう。

It’s another hot day today.
(また今日も暑い1日です)

「another ~」は、「もう1つ~、また1つ~」の意味がありますので、「今日もまた〇〇ですね」と言いたいときに使えます。

It’s another hot day today, isn’t it?
(また今日も暑い1日ですよね

「…, isn’t it?」は、文末につけて、相手がそれについてどう思うかを「…ですよね」と尋ねる表現です。

I can’t stand this heat.
(この暑さには耐えられない。)

「can’t stand」 ~は、「~に耐えられない」という意味です。
以前、海外のニュース番組で、中継カメラにクモがぶら下がってしまい、映像がスクリーンに大きく映し出されたときに、キャスターの女性が「Nooooo!!! I can’t stand it!!!!」と、スタジオを逃げ回っていました(笑)。

Yeah, it sure is.
(ええ、まったくですね。)

「It’s another hot day today, isn’t it? (また今日も暑い1日ですよね)暑いですね」と言われたときに、「Yes」だけでは物足りないですよね。
「確かにそうですよね」「ホンット、そうですよね~!」と気持ちを込めてあいづちをうちたいときには、こんなふうに↓ニュアンスをプラスします。

It’s another hot day today, isn’t it?
(また今日も暑い1日ですよね)
     ↓↓↓

Yes, it is.(はい、そうですね)

Yes, it sure is.(はい、確かにそうですよね)

Yes, it really is.(はい、本当にそうですよね)

この「気持ちをこめたあいづち」を英語で言えたら、それに続けて「もうカンベンしてほしいですよネ」なんて言ってみたいですね。
こんなふうに↓なります。

I’m really getting tired of this hot and muggy weather.
(この蒸し暑さ、ほんとにうんざりしてきました。)

いかがでしたか?

天気の話は、コミュニケーションの基本です。
スムーズに会話ができると、きっと自信がつくと思います。

残暑の厳しい日に、ぜひ英会話レッスンで使ってみてくださいね!

お問い合わせ・無料体験のお申し込みはこちら: 銀座の英語・英会話スクール 55段階英語村 

TEL:0120-428-815
OPEN 10:00~21:00(土日は~19:00)

※見学会や体験レッスンにお越しいただいた方への、営業の電話は一切しておりません。
どうぞお気軽にご参加ください。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  豆知識  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
55段階英語村へのお問い合わせはフリーダイヤルにて受け付けております。0120-428-815

このページの先頭へ