前の記事 » 
次の記事 » 

【ショッピング英会話】洋服 基本編「色・サイズ・素材について英語で質問できますか?」

  公開日:2019/05/20
最終更新日:2019/06/02

※この記事は約10分で読めます。

こんにちは、55段階英語村@銀座、スタッフのJuneです。
今日は、ショッピングの英会話(洋服・基本編)をご紹介します。

55段階英語村のネイティブ講師が会話を実演

洋服のショッピングは、サイズ、ほしい素材かどうか・・
ちょっとした質問でも、店員さんに英語で直接きけたら、お買い物もグンと楽に、たのしくなりますよね。
今日は、基本的な店員さんとのやりとりについて、動画をみながら学びましょう。

55段階英語村のネイティブ講師が会話を実演する動画です。

ネイティブ同志が話しているのを聴く、というのは、実はスピーキング力を上げるのにとっても有効なんです。
なぜなら、インプットがないと、つまり「こういう時ってなんていうのかな?」という情報がないと、話せないから。

動画をみると、「どういう場面で、どう話すのか?」がわかります。
そして、「自分だったらどう話すかな?」と感情移入しながら聞くと、より強く記憶に残ります。
(私たちの脳が、そういう構造になっているからです!

 詳しくはこちらの過去ブログを読んでみてくださいね)
【悩み解決】英語がいつまでも話せないのは〇〇だから!意外な原因とは?

英語で「別の色はありませんか?」ときいてみる

では、最初に「別の色だったらいいなあ」と思ったときの会話を見てみましょう。
「同じもので、違う色はありますか?」という質問です。

動画は英語字幕つきです

★タップしてスクリプト(英文+和訳)をみる 
sales rep: Hello. こんにちは。
Customer: Hi….Oh, excuse me. こんにちは…あの、すみません。
Sales rep: yes はい。
Customer: Umm..I like this, but do you have it in blue? あ‥これ気に入ったんですが、これで青はありますか?
Sales rep: Oh, yes we do!..let me see…ah, here you are! ええ、はい。‥えぇと…はい、どうぞ。
Customer: Oh, Thank you! Can I try this on? あぁ、ありがとうございます。これ試着しても良いですか?
Sales rep: Yes of course, our fitting rooms are over there. はい、もちろんです、試着室はあちらです。
Customer: Thank you. ありがとう。
Sales rep: You’re welcome. どういたしまして。

ここで、ちょっとしたポイントを押さえておきましょう。

◆「~はありますか?」と聞きたいとき

中学英語の感覚で行くと、「~がある」「~がありますか」は
There is/are….
Is/Are there….?
と、つい言いたくなるかもしれません。
しかし、動画では何と言っていたでしょうか?
聞き取れましたか?

はい、そうです^^。

Do you have it in blue?
これのはありますか?
Do you have…?なんです。
英語では、「あなた(お店)は持っていますか?」という文章で質問するんです。

では、もし「Is there a blue one?」と聞いてしまったら、ヘンなのでしょうか?

ちょっと気になったので、動画に店員役で出演しているリサに聞いてみました。
すると、やっぱり「ヘン」とのこと。

リサ
全く意味が通じないってことはないかもしれない。
でも、店員さん、「ん?」ってなっちゃうかもね。
店内のことについて聞いてるって感じじゃなく聞こえるの。
お店にあるかどうかじゃなくて、もっと遠い、関係ないことも含めてきかれてるような。

つまり、Is there..の構文を使って質問をすると

これの青色のものは(この世に)存在しますか
と聞いているような、チョットおかしな英語になってしまう、ということです。

「Is there~?」の構文を使った質問の例を調べてみると、

「犬用のアイスクリームってどこかに売ってる?」
「日本にサマータイムはある?」
「火星に氷はある?」
のような、「そもそも、存在するかどうか?」と聞くための質問でした。

「そのお店にあるものについて」質問するときには、「Do you have…?」を使います。
おぼえておきたいですね。

お店で「~はありますか」
と聞くときは、いつでも
Do you have~?
が使えます。

「〇〇色はありますか」
の〇〇色、は
in(色)」です。

英語で「別のサイズはありませんか?」ときいてみる

色の次は、サイズです。
どんなフレーズで質問するのでしょうか?
みていきましょう。

★タップしてスクリプト(英文+和訳)をみる 
Sales rep: Hello こんにちは。
Customer: Hi…uh, excuse me? こんにちは…あの、すみません。
Sales rep: ah Yes? あぁ、はい。
Customer: um, do you have this in a small? えぇと、これのSサイズはありますか?
Sales rep: Uh, we should do, here you are, this one here. えぇ、あるはずです、はいどうぞ。こちらです。
Customer: Oh, perfect, thank you. Can I try it on? あぁ、ばっちりです、ありがとう。試着しても良いですか?
Sales rep: yes, of course, fitting rooms are over there. はい、もちろんです。試着室はあちらにあります。
Customer:Ah okay! In the corner? はい、わかりました。角のところですか?
Sales rep:yes. はい。
Customer: Thank you! ありがとう!

はい。
サイズを尋ねる時の表現も、同じでしたね。

Do you have this in a small?
これのSサイズはありますか?

少し細かい点ですが、押さえておきたい点があります。
「Do you have this in a small?」
不定冠詞の[a]がついています。

small はこの場合、形容詞ではなく名詞「a small (size)」です。
この点が、さきほどの「色」との違いです。

色・サイズ 表現まとめ

色 ⇒ in blue/ red/ white etc..
サイズ⇒in a small/ medium/ large etc..
※medium(ミディアム)⇔ middle(ミドル)
 間違いやすいので注意

英語で「〇〇素材のものはありますか」ときいてみる

 

最後は、素材について聞いてみるパターンです。
今度も「in」を使えるのでしょうか?

★タップしてスクリプト(英文+和訳)をみる 
Sales rep: Hello. こんにちは。
Customer: Hi, uh where are your sweaters? こんにちは、えぇと、セーターはどこですか?
Sales rep: Our sweaters are on this shelf here. セーターはこちら、この棚の上です。
Customer: Okay..and sorry, excuse me, do you have any cashmere sweaters? わかりました…あの、すみません。カシミヤのセーターはありますか?
Sales rep: Ahh, yes! So this pile is cashmere and the rest are all wool. ええ、あります!こちらに重ねてあるものがカシミヤで、それ以外がすべてウールです。
Customer: Ah okay…okay, I’ll take this one. okay..and do you have a dressing room? ああ、わかりました。では、これにします。で、試着室はありますか?
Sales rep: Ah yes, over there. あぁ、はい。あちらです。
Customer: Thank you. ありがとう。
Sales rep: You’re welcome.

動画の中では、カシミヤのセーターを探していましたね。
質問フレーズは↓でした。

Do you have any cashmere sweaters?
何かカシミヤのセーターはありますか?

inじゃありませんでしたね。
any cashmere sweatersでした。

Do you have any cotton T-shirts?
(何か綿のTシャツはありますか?)
Do you have any silk blouses?
(何かシルクのブラウスはありますか?)
Do you have any checkered shirts?
(何か格子柄のシャツはありますか?)

こんなふうに、素材や服の種類を入れ替えて、色々使えます。

ちなみに、ギンガムチェックのような格子柄は「checkered」といい、もっと細かいパターンのチェックは「plaid」といいます。

「チェック柄」の表現

①格子柄(ギンガムチェック)
 ⇒checkered

②チェック柄
 ⇒plaid

このあたりの、洋服のショッピングにまつわる語彙については、また別の機会に取り上げたいと思います^^

リアルな空間でショッピング英会話を身につけるなら

55段階英語村は、リアルな空間で、場面に合った使える英語を実践スタイルで身につける「他にはない場所」。
テキストに頼らず、あなたがすぐに使えるようになる英語を、一つひとつシナリオにそって学びます。
ネイティブ講師が楽しくリードするから、何も心配いりません。

旅行に、日常会話に、ビジネスに。
覚えたそばからスグに使える!
と生徒さんたちから大評判のレッスンをぜひ体験してみてください。

地下鉄銀座・日比谷・丸の内各線、A5出口すぐ。
出口の階段をのぼりながら、英語村の看板が見えてきます。

ぜひ一度、無料体験レッスンにお越しください^^
私たちは、勧誘は一切行いません。説明を受けて、体験レッスンを受けたらすぐに帰れます。
所用時間は40分程度です。

無料体験のお申し込みはHPから
(こちらをクリック) 

実践スタイルの英会話スクール@銀座
TEL:0120-428-815
OPEN 10:00~21:00(土日祝は~19:00)

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  動画付き  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
55段階英語村へのお問い合わせはフリーダイヤルにて受け付けております。0120-428-815

このページの先頭へ