前の記事 » 
次の記事 » 

【悩み解決】英語がいつまでも話せないのは〇〇だから!意外な原因とは?

  公開日:2019/04/22

※この記事は約9分で読めます。

こんにちは、55段階英語村@銀座、スタッフのJuneです。
今日は、こんなお悩みについて、解決策をひとつご紹介します。
みなさんも抱えているかもしれない、そのお悩みとは・・

英会話、いくらやっても伸びない人の共通の悩みとは?

(><)
英会話を習っているのに、上達しない
(><)
話す練習をしていても、いつまでも話せるようにならない
(><)
話す量が足りないのかな?もっと話さないとダメかな?

はい。
そうですよね、話す練習が足りない、話す量が少ない、だから話せるようにならないんだ。
そういうお悩みですよね。

でも、ちょっと待ってください。
もし、あなたが英語を話せないのだと仮定します。
(謙遜だということは百も承知の上です)

英語を話せない人が、英語を話す練習をするんですよね。
「話せない人」が「話す」。
そして、話せるようにならない(これが共通の悩み)。

では、「なぜ、英語を話せないのか」を考えてみましょう。

おそらく、「英語を話せない」の中身は、こうではないかと思います。

①「これを英語で何と言うか」がわからない
 (名詞・動詞がわからない)
 =語彙がない
②「こんな場面でなんと言うか」がわからない
 =いい回しを知らない

英語村にいらっしゃる、特に初心者の方が抱えていらっしゃるお悩みです。
あなたも思い当たることがあったりしますでしょうか?
(私自身が英会話を始めたとき、まさにコレに悩んでいました)

言葉や言い回しを知らないのに、
話せと言われても、
話せるわけがない
んです。

だって、話すための材料がないから。
材料がないのに、話す=アウトプットするのは最初からムリがあるわけです。
話すための材料を、インプットしていかなければならないんです。

「話しても話しても、上手にならない」
「話せるようにならない」
という人は、インプットを見直す必要がある、というわけです。

インプットがあるからこそ、アウトプットがあるからです。

インプット・アウトプットのバランスを改善する

英語でよく言われる4技能。
読む・聴く・話す・書くの4技能ですね。
これらも、インプット・アウトプットに分類されます。

インプット =リーディング(読む)、リスニング(聴く)
アウトプット=スピーキング(話す)、ライティング(書く)

会話におけるインプットは、リスニング。
そしてアウトプットがスピーキング。

ということになります。

いつまでたっても話せるようにならないという方。
実は、その原因は「話す練習ばかりしている」せいかもしれません。

インプットとアウトプットのバランスを改善しない限り、話せるようにはならない、と考えてみましょう。

話すためには、実はリスニングが必要なのです。

どんどん話すための「リスニング=インプット」とは?

話すためにリスニングが必要。
そう聞くと、やっぱり不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ここではインプットのためのリスニング、話すための材料を得るためのリスニング、という考え方をしてください。

ちょっとここから話が難しくなるかもしれませんが・・
どうかおつきあいください。

「インプット」という言葉に関して、私たちのスタンスをまずは説明していきます。

知識や表現のひきだしを増やすためのインプット。
これは、「おぼえこみ」や「暗記」を意味しません

55段階英語村のインプットの定義は、こうです。

「場面」と「それに合った言い回し(語彙・表現)」を
その場面の中で「体験する」こと

暗記や覚えこみではなく、体験。
「ここで、こう言うんだ」という経験値を、言葉とセットでとりこんでいく。

これが英語村が考える「インプット」の在り方です。
暗記しないインプット

テキストの暗記ではなく、実践と体験からインプットしていきます。

実践と体験から英語をインプットするための「リスニング方法」とは

ここでポイントになるのがリスニングへの取り組み方です。
正しいリスニングを実践できると、スピーキング力も効果的にアップします。

では、正しいインプット、正しいリスニングとは何でしょうか?

ズバリ、正しい聞き方は「英語と内容をセットで聞き取る」ということです。
良くないのは、英語の表現の字面だけを聞いて、その場で表現を覚えこもうとする聞
き方です。たとえば、I’m in a hurry!という表現を聞いたら、その表現を心の中で
何度も言って、それを覚えようとする(暗記)、という姿勢のリスニングはやめましょう

そうではなくて、その時のシチュエーション(たとえば、今タクシーの中で、時間が
ないという焦った気持ちで、タクシーの運転手に向かって言っているという状況)を
理解したうえで、I’m in a hurry!という言葉と「急いでいるんです!」という意味
内容を聞き取ればOKとします。
場面と感情、そしてそれを表現するための英語を聴く、という体験を積み重ねることが重要です。

55段階英語村のグループレッスンとは?

55段階英語村は、基本的にはマンツーマンレッスンを提供しています。
ただし、オプションとして、この「インプットを目的としたグループレッスン」を実施しています。

これが、他のスクールのグループレッスンとは全く異なります
そして、その効果も全く異なります。

マンツーマンレッスンのチケットを購入し、英語村に入学した皆さんだけが、このグループレッスンを受けられます。

そして、マンツーマンレッスン1回分のチケットで、グループレッスンを2レッスン分受けられる、という仕組みです。
(1レッスンは40分なので、グループレッスンは自動的に40分×2レッスンを受講することとなります)

55段階英語村でグループレッスンに参加する場合の心構え

55段階英語村のグループレッスンでは、ネイティブの講師が、「こういう場面で何を言うか」「どんなトーンで、どんな言い回しで伝えるか」を、リアルな場面展開の中でイキイキと伝えていきます。

それを、皆さんはまずはじっと聞きます。
聴くことにまずは集中します。

しかし、一人ひとりがネイティブの先生と一緒に練習する場面や、質問に答える場面もあり、グループレッスンとしての一体感があります。

レッスン中に、皆さんに出てきた表現をリピートしてもらうときもあります。
が、これは決して、その場で表現を覚えることを目的としたリピートではありません。
リピートを通して自分で話し、自分の耳に聞かせることで、インプットした体験をより印象づけるためです。

ですから、リピートするときは、できるだけ感情移入して話すようにしてもらっています。

たとえば、I’m in a hurry!なら、タクシーの中で自分が「急いでいる」という気持ちになりきって、言ってみましょう。

感情を入れて話すと、脳が勝手に記憶してくれる

暗記や覚えこみをしなくてもいい、と言われてしまうと、不安になってしまう方もいるかもしれません。

(><)
本当にそれでいいのかな?
(><)
覚えるためにレッスンに出ているのに・・

でも、大丈夫です。

なぜなら私たちの脳は、正しい学習の仕方なら、無理なく表現を覚えられるようにできているからです。

脳は感情を伴ったものは記憶しやすい仕組みになっています。
感情(急いでいる、という気持ち)を伴っていて、(急いでいるんだな、と)共感できる言葉を、脳にある海馬は自然と記憶するのです。
そして同じ表現について、何度か他のシチュエーションで同じような体験をすると、いつの間にか、I’m in a hurry.が身につき、必要な場面がやってきたら、自然と自分から使えるようになります

ポイントは、脳が表現を覚えるこのプロセスは、無意識に起きるということです。

表現だけをただ何度も言ったり書いたりして脳に覚えさせようと強制しても、記憶への定着は起きにくいのです。
逆効果と言えるでしょう。
「覚える」という作業は自分の脳を信じて、任せましょう。
皆さんがすべきなのは、脳のために、覚えやすいようなインプットを提供してあげることです。

英語村では、場面から自然にインプット

英語村ならではのグループ&マンツーマンレッスンで、効率よく上達

英語村のグループレッスンでは、英語村ならではリアルなシチュエーションや様々
なものを使って、皆さんの感情を呼び起こす効果を高めています。それによって記憶
しやすい環境とレッスンになっていますので、皆さんはそれぞれのシチュエーション
を全身で体験するだけでよいのです。

覚えこもうとする姿勢をいったん脇において、場面・感情・英語をまるごとセットで体験していく。
感情を入れて、場面に入りこんで、なりきって聴く/練習する。

55段階英語村で効果的なインプットを行うことで、「材料不足で話せない」なんてお悩みをふきとばしましょう!

興味のある方は、まずは無料体験を。
他にはない、リアルな場面で実践する英会話を体験してみてください。

無料体験のお申し込みはHPから
(こちらをクリック) 

実践スタイルの英会話スクール@銀座
55段階英語村

TEL:0120-428-815
OPEN 10:00~21:00(土日祝は~19:00)

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  コラム  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
55段階英語村へのお問い合わせはフリーダイヤルにて受け付けております。0120-428-815

このページの先頭へ