通いやすさが明暗を分ける!?英会話スクールがなぜ駅近に多いのか

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは、55段階英語村のJuneです。
英語村は銀座のど真ん中にあります。駅からのアクセス抜群なんです。
なんといっても雨にぬれずに駅からスクールまでいけますから・・・
ではなぜ、英語村はこんな銀座の真ん中にあるんでしょうか?

英会話スクールが駅の近くに多い理由

英会話スクールを探すと、ほとんど必ず「アクセスがいいですよ!」と言われるかと思います。
もちろん、歯医者にしても美容院にしても行きやすいに越したことはないのですが、英会話スクールは特にアクセスのよさが重要なんです。

理由は簡単です。

英語を身に付けるには「継続すること」が必須だから。
残念ながら、英会話のチカラは1日勉強して劇的に向上する、ということはありません。

たとえば、自転車を例に取りましょう。
「数時間の練習ですぐに乗れるようになった」という方は少ないのでは?
何度か練習し、バランス感覚をつかみ、あるときフッと乗れるようになります。
そして、しばらく乗っていなかったとしても、自転車に乗れなくなることはありません。
(私も5年ぶりに自転車に乗ってみましたが、スイスイ乗れました!)

英語も同じです。

自転車の練習と同じで、グラグラするかもしれません。思うように進めないかもしれません。
でも、一歩一歩段階を踏みながら会話をしていくことで、英語で理解し、英語で感じ、英語で表現するという、日本語を介さない「英語脳」を手に入れることができます。

テキストなしの”ナマの会話”で、実践から学んでいきます。

英語村では、英<会話>なので、テキストを見ながらの会話はしません。
じゃあ、どうやって会話をするのでしょうか?

レストランでの注文の仕方を例に挙げましょう。

実際に「レストラン」のブースで、メニューを注文するというシチュエーションで
今、自分が使える単語を駆使して会話をします。

これが結構ドキドキです。
ただ読むだけでなく、自分で考えながら話そうと努力をするのはとても刺激的!
いきなり外国のレストランで本当に注文をしているような、かなりエキサイティングな経験なんです。

ア、大丈夫です。
実は、事前にちゃんとそのシーンの語彙や会話例ををプリントでもらえますからね。
講師と話す中でシーンに必要な単語や表現を自然と覚えていくので、楽しみながら「英語脳」を身につけられるカリキュラムとなっています。

正直なところ、このドキドキ感を味わってしまうと、イスに座ったままでやる英語のレッスンが非常に単調に感じられます。実際のマンマですから、実用性も抜群。
「電話でのアポイント対応」「パーティーでの会話」「スーパーでのおみやげ購入」等、自分ができるようになりたいというシチュエーションを、ダイレクトに教われるというのも嬉しいメリットです。

英語村の最大の特徴は、レストラン・ショップ・病院などのリアルな環境のもとで、ネイティブ感覚でイキイキと会話をし、五感で「わかる!」「通じる!」という成功体験を重ねていくこと。頭で考えて話すのではなく、条件反射のように英語がでてくる「英語脳」をつくる場なのです。

55段階英語村 無料体験レッスンの申込み

このページの先頭へ