前の記事 » 
次の記事 » 

【電話でビジネス英会話】違う部署あての電話、どう対応する?

  公開日:2019/04/15

※この記事は約8分で読めます。

こんにちは、55段階英語村@銀座、スタッフのJuneです。

ここ何回か、「英語で電話対応」シリーズを続けています。
今日は、「違う部署あての電話がかかってきてしまった!」という、ちょっと困ったシーンの対応例をみていきます。

間違い電話というか・・
部署違い電話
とでも言いましょうか。

あなたなら、英語でどう対応しますか?

★ちなみに、「英語で電話対応」テーマの過去記事はこちら
■「英語でかかってくる電話に対応できるようになりたい。」~外資系企業にお勤めの40代女性より~
■電話でビジネス英会話
■電話でビジネス英会話 「ご用件は何ですか」って英語で何て言う?
■【電話でビジネス英会話・スカイプ会議】「もう少し大きな声で話してください」は何と言う?
【電話でビジネス英会話】間違い電話、あなたなら英語でどう対応する?

まずは日本語で対応の流れを考えてみましょう

英語の言い回しを見ていく前に、心を落ち着けて、まずは「日本語だったらどういうか」を見ていきましょう。

(意外と、「日本語直訳じゃん!」ということがあったりしますので)

日本語で電話対応するとき、きっとこのようになると思います。

相手
山本さんはいらっしゃいますか?
あなた
山本という者はこちらの部署にはおりません。

ちょっとここで語彙の確認です。
「部署」って、英語で何と言うかわかりますか?

⇒ 「部署」は英語で何て言う?タップして答えを見る 
department (デパートメント) が一般的です。
division (ディヴィジョン) もほぼ同様に使われます。

※課や係については
section (セクション)
unit (ユニット)
が使われます

さて本題。
「この部署には山本はおりません。」
これを英語で言うとどうなるか、というと。

There is no Mr. Yamamoto in this department.

となります。

「There is no ・・」は、「・・はない/いない」という構文で、簡単なものですがここでこのように使えるんですね!

「その者がどの部署か、おわかりになりますか?」

「そういう人はいません」と言った後、そのまま電話を切るわけにもいかないですよね。
ですから、相手が探しているのがどの部署かつきとめる必要があります。

大きい会社や、入社したばかりで社員の名前をきちんと憶えていない場合、相手に聞いてしまうというテがあります。

「その者がどの部署か、おわかりになりますか?」

考えてみましたか?
自分なりの答えが出たら、↓をタップして答えを見てみましょう。

⇒ 「その者がどの部署かおわかりになりますか?」は英語で?タップして答えを見る 
Do you know what department he works in?

彼がどの部署で働いているか
= department he works in 
接続詞は「in」になるんですね。

部署がわかって、転送するときには、英語で何と言えばよい?

部署がわかったら、その部署につなぐ必要がありますね。

「それでは〇〇部署におつなぎします」
「転送させていただきます」

こういう場合、何と言うのでしょうか?

⇒ 「転送させていただきます」は英語で何て言う?タップして答えを見る 
let me transfer you (to 部署名)

いたします ⇒ させてください(let me)
転送 = transfer

まとめ。「部署違い電話」がかかってきたら、英語でどう対応する?

では、全部まとめて、最初から一連のやりとりを見ていきましょう。

you
Hello this is Eigomura Holdings Ms Tanaka speaking.
(こんにちは、こちら英語村ホールディングス 田中です)

you
How may I help you?
(ご用件をお伺いいたします)

someone
Yes I’m looking for Mr. Yamamoto
(はい、山本さんをお願いします)
you
I’m sorry, there is no Mr. Yamamoto in this department.
(申し訳ありません、この部署に山本という者はおりません)
you
Do you know what department he works in?
(その者の部署をご存知ですか?)
someone
I was told he works in accounting.
(経理部と言われました)
[/speech_bubble]
you
O.K., let me transfer you to accounting.
(わかりました、経理部に転送いたします)

こうやってみると簡単そうですよね。
でも、実際に、顔の見えない相手から英語で言われたら・・

心臓ドキドキ、バクバクですよね。

そんなあなたが「英語の電話アレルギー」を克服したいなら、
55段階英語村が、そのお手伝いをいたします^^
55段階英語村では、本物の電話機を使って練習するんです。

他ではできない、リアルな環境での電話練習 in 英語!

英語での電話対応が上手になりたいと思っても、なかなか難しいですよね。
だって、ふつうの英会話スクールには電話なんかありません。
練習するための場所もありません。

ひとりで英語フレーズを練習していても限界がありますよね。

だって、電話ってその「設定」「環境」がイチバンの問題だから。
だから、

・顔が見えない不安
・何を言われるかわからない怖さ
・そもそも練習不足

それを払しょくして自信をつける方法って、なんだと思いますか?

暗記?
練習の量?

いいえ、一番大事なのは

電話対応の練習は
電話をつかって練習するしかない

これに尽きます。

こんな感じでレッスンしてても、なかなか上達しません。
 

レッスンは15回の回数券を購入するとスタートできます。
(税込で123,120円、銀行振り込みです。振込先はお問合せください)

レッスンは、自分の好きなペース・曜日・時間帯でレッスンを受けられます。
専用のウェブ予約システムがあるので、24時間、予約・変更をすることができます。

15レッスンは、最短2日で受けることもできます。
2日間、実際に電話を使ったレッスンで、電話対応に一気に自信をつけてください!

興味がある!という方。
英語村の体験レッスンに、ぜひお越しください。

臨場感あふれる英語レッスンで、
ぐんぐん身につくのを実感していただけるはずです。

レッスンは、最初は先生と対面で練習します。
自信がついたら、本物の電話を使って少しずつ練習していきます。
英語村のレッスンは、スモールステップで進んでいきますから、大丈夫。
安心してくださいね^^

無料体験のお申し込みはHPから
(こちらをクリック) 

実践スタイルの英会話スクール@銀座
TEL:0120-428-815
OPEN 10:00~21:00(土日祝は~19:00)

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  豆知識  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
55段階英語村へのお問い合わせはフリーダイヤルにて受け付けております。0120-428-815

このページの先頭へ