前の記事 » 
次の記事 » 

breakfast in bedって?~たとえば母の日に~[動画に英語字幕・和英スクリプトつき]

  公開日:2019/05/13

※この記事は約9分で読めます。

こんにちは、55段階英語村@銀座、スタッフのJuneです。
今日は、英語村のネイティブ講師マリッサが教えてくれた、ちょっとした海外の文化をお伝えします。

しっていますか?breakfast in bed

英語の意味としては、「ベッドでの朝食」という意味なので、直訳そのまんまです。
この話になったのは、母の日の話題がきっかけでした。
「ふだん忙しくしているお母さんだから、たまにはゆっくりしてもらいたい」
ということで、breakfast in bedの話になったのでした。

マリッサが解説をしてくれていますので、ちょっと聞いてみましょうか。
(動画は、英語の字幕つきです)

★タップしてスクリプト(英文+和訳)をみる 
In the West, breakfast in bed is when we eat breakfast in bed on a tray table. We usually do this on certain holidays, for example Mother’s Day, Father’s Day, or birthdays or when people are sick.

西洋では「ブレックファスト・イン・ベッド」と言って、ベッドの上でトレーに乗せた朝食を食べることがあります。通常は「母の日」「父の日」などの祝日、「誕生日」、あとは誰かが病気のときにもやります。

朝おきたらもう朝食ができているなんて素敵ですよね。
ただ空腹を満たすための食事、ということではなく。
必要だから食べる、ということでもなく。
その朝食の向こう側には、その人を思うあったかい気持ちがあるんですよね。

たとえば母の日や父の日、にbreakfast in bed はいかが?

ふだん忙しいご主人や奥様のお誕生日。
母の日や父の日。
そんな特別なシーンにbreakfast in bed があるんですね。

たとえば母の日にbreakfast in bed をつくるとして、ネイティブはどんな会話をするでしょうか?
さっそくみてみましょう。

★タップしてスクリプト(英文のみ)をみる 
Lisa: Hey 
Marissa: Hey.
Lisa: What are you making?
Marissa: Oh, I’m making some breakfast in bed for mom.
Lisa: Oh! For Mothers Day!
Marissa: Yeah
Lisa: Oh nice!
Marissa: She always cooks for us, so I want to give something back to her.
Lisa: Oh cool. Can I help with anything?
Marissa: Oh yeah, can you finish the eggs?
Lisa: Yeah!
Marissa: I’m gonna get the bacon.
Lisa: Sure…
Marissa: Alright here we are.
Lisa: So how are you serving this to her?
Marissa: Oh there’s a tray over there, so she can eat sitting up in bed.
Lisa: Oh cool.
Marissa: Yeah.
Lisa: The eggs are done.
Marissa: Alright.
Lisa: Okay… I’ll just…
Marissa: Oh thanks.
Lisa: …Get the orange juice.
Marissa: Alright here we go… Okay… I can take it up to her. 
Lisa: Oh, okay thank you.
Marissa: Yeah no problem.
Lisa: Cool. Here you are.
Marissa: Thanks.
Lisa: No worries.

★タップしてスクリプト(英文+和訳)をみる 
Lisa: Hey 
Marissa: Hey.
Lisa: What are you making? なに作ってるの?
Marissa: Oh, I’m making some breakfast in bed for mom. あぁ、ママにブレックファスト・イン・ベッドを作ってるの。
Lisa: Oh! For Mothers Day! あぁ!母の日だから!
Marissa: Yeah そう。
Lisa: Oh nice! いいね!
Marissa: She always cooks for us, so I want to give something back to her. ママはいつも私たちのために料理をしてくれるでしょ、だから何かお返しがしたいの。
Lisa: Oh cool. Can I help with anything? それはいいね。私も何か手伝える?
Marissa: Oh yeah, can you finish the eggs? あぁうん、じゃあ卵をお願いできる?
Lisa: Yeah! うん!
Marissa: I’m gonna get the bacon. 私はベーコンを取るわ。
Lisa: Sure… うん…
Marissa: Alright here we are. よし、これだわ。
Lisa: So how are you serving this to her? で、これをどうやって持っていく?
Marissa: Oh there’s a tray over there, so she can eat sitting up in bed. あぁ、そこにトレーがあるでしょ、それを使えばベッドの上でも座って食べられるわ。
Lisa: Oh cool. あぁいいね。
Marissa: Yeah. そう。
Lisa: The eggs are done. 卵できたよ。
Marissa: Alright. うん。
Lisa: Okay… I’ll just… はい、あとは…
Marissa: Oh thanks. あぁ、ありがとう。
Lisa: …Get the orange juice. オレンジジュースを取って。
Marissa: Alright here we go… Okay… I can take it up to her. はい、できた… OK…あとは私が持っていくわ。
Lisa: Oh, okay thank you. あぁ、OK、ありがとう。
Marissa: Yeah no problem. うん、大丈夫。
Lisa: Cool. Here you are. バッチリ。はい。
Marissa: Thanks. ありがとう。
Lisa: No worries. ううん。

「お返しをする」「恩返しをする」は英語で?

動画の中で、いくつかポイントになる表現がありましたので、ちょっとだけおさえておきましょう。

お返し・恩返しは英語で?
動画の中で、こんなフレーズがありました。

I want to give something back to her.
(何かお返しがしたいの)

give something back そのものが「お返し・恩返し」の意味をもつわけではありません。
Cambridge dictionaryによると、意味は「to give something to the person who gave it to you」となっていますので、単純に「もらったものを返す」という意味です。

しかし、会話表現で「お返しをする」という時は、give something back がよく使われます。
ボランティアの動機を語るときなどにも、この表現が使えますね。

他の表現

●return the favor
What should I do to return the favor.
(お返しに何をしたらいいだろう)

反対の「仕返しをする」の表現

では逆に「仕返しをする」はどうでしょうか。
●pay (人)back
こちらも単純に「借りたお金を返す」の意味です。
が、仕返しの時によく使われる表現です。
I’ll pay you back!
(仕返ししてやるからな!)
●get even with (人)
even(同じもの)をgetする、ということから。
五分五分にする、というイメージだとわかりやすいでしょうか。
She is trying to get even with me.
(彼女、私に仕返ししようとしてるんだよ)

 

英語のスピーキング練習なら、55段階英語村で

いまこのブログを読んでいる皆さんは、何かしら英語に興味があって、「英語を話せるようになりたい」とお思いだと思います。

そこであなたに質問です。
まだ、テキストを使って会話の練習をしていますか?

55段階英語村では、「実際に英語を話す場面」そのものが、テキストなんです。
空間そのものが、教材というイメージです。
(わかりにくいでしょうか・・汗)

レストランでの会話なら、レストランで。

自宅でお客様をもてなす会話なら、自宅のセッティングで。

テキストを暗記するのはもうやめませんか?
55段階英語村で、場面に合った使える英語を、実践から身につけませんか?

55段階英語村は、受付でも先生とフランクに話せるから、楽しいです。
英語がグググーーーっと、身近に感じます。

とっても楽しいですよ。
あなたも英語村ファミリーの仲間入り、しませんか?

地下鉄銀座・日比谷・丸の内各線、A5出口すぐ。
出口の階段をのぼりながら、英語村の看板が見えてきます。

百聞は一見にしかず。
一度、無料体験レッスンをためしてみてください^^

無料体験のお申し込みはHPから
(こちらをクリック) 

実践スタイルの英会話スクール@銀座
TEL:0120-428-815
OPEN 10:00~21:00(土日祝は~19:00)

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  動画付き  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
55段階英語村へのお問い合わせはフリーダイヤルにて受け付けております。0120-428-815

このページの先頭へ