前の記事 » 
次の記事 » 

「雨にぬれないように、気をつけて」は英語で言うと「s●●● ●●y」

  公開日:2018/05/16
最終更新日:2018/07/10

※この記事は約6分で読めます。

みなさんこんにちは、55段階英語村@銀座、スタッフのJuneです。
今日は、日常会話で「へー!」と思った、便利な表現をお伝えしたいと思います。
これから暑くなったり、雨がふったり・・
天気が変わりやすくなりそうですよね。
まさにこの季節、おぼえたら明日からすぐに使える、便利な表現を集めました
ささっと語彙力アップしちゃいましょう♪

雨の日に「ぬれないように気をつけて」って、英語で何て言う?

だんだん梅雨のシーズンに入っていきますが、雨は年中ふりますよね。
「ぬれないように、気をつけてね」と英語で声をかけたい
そんなとき、あなたなら何ていいますか?

「気をつけて」は、be careful ・・?
「ぬれないように」は don’t get wet・・?

なんだかどっちも、命令してるみたい・・?

ネイティブはこう言います。

★「ぬれないように気をつけて」は英語で?(クリックして正解を見る)
stay dry

なんと動詞の「ステイ」と、みんな知ってる「ドライ」をつかった表現でした。
(こんな簡単なのに、わかんないもんですよね・・)

stay のコアの意味は、「そこにとどまる」ということです。
keepのイメージと共通する部分がありますね。

「Stay dry.」は、写真のMarissa先生が、雨の日に帰っていく生徒さんに対して言っていたんです。

日本語では「乾いたままでいてね!」なんていいませんから(笑)、非常にネイティブらしい表現だなァ、と妙に感心してしまいました。

そこで、他にも「stay」を使った便利な表現がないか、探してみました
ぜひ一緒に見ていきましょう。

動詞「stay」+形容詞の、短くて便利なフレーズは?

stayひとつで、いろいろなことがいえます。
とても短いので、すぐ覚えて、すぐつかえるようになりますよ。

stay dryと同様、stay + 何かでいくつも表現があります。

①stay cool
「涼しくしててね(暑さにやられないようにね)」

暑いシーズンに、使ったりします。

no name
「Have a good day. Stay cool!(良い1日を。暑さにやられないようにね!)」
no name
「Thank you, you too!(ありがとう、あなたもね。)」

また、coolは「冷静でいる、落ち着いている」という意味もあるので、とくに暑くない日でも別れ際に「stay cool.」と友達などに声をかける人もいます。

さて、cool(涼しい)の逆は warm(あたたかい)。
warmもstayと組み合わせてあいさつに使えます

no name
「Stay warm!(あったかくしててね)」

あいさつに使える便利フレーズ
●Stay cool.
●Stay warm.
●Stay dry.
※stay を keep に換えてもOKです

②stay strong
「がんばってね / 気を強くもってね」

英語で「がんばって」といえば、「Good luck.」「Break a leg.」などが挙げられます。
でも、こちら「Stay strong.」は、より深刻な場面で「気を強くもってね」と励ますフレーズです。
病気の友人・家族と話すときのイメージです。

震災後に寄せられたメッセージの多くに、この言葉が多くあっそうです。

③stay still
「そのまま(動かないで)/ じっとして」

ペットの写真をとりたいとき、「あ~、動かないで!じっとしてて~」って思いますよね。
はたまた、子どもに「動かないで」と言いたいとき。
そんなときは、動詞stay+形容詞still(静かにじっとしている・動かない)、いいたいことがいえます。

ちなみに、「そこにいて」は、「Stay(とどまれ) where you are(あなたがいるところに).」となります。

④stay true to yourself
「自分に正直でいてね / 自分自身に忠実でい続けてね」

「true」には「忠実」という意味もあるので、stay true to ~で、「~に忠実であり続ける」という意味になります

(忠実といえば、ベタですがこの犬のイメージです・・)

・stay true to myself(自分自身に忠実である)
・stay true to my word(言行一致=自分の言葉に忠実である)
・stay true to my mission(自分の使命に忠実である)
・stay true to Japanese tradition(日本の伝統に忠実である)
・stay true to the spirit of democracy(民主主義の精神に忠実である)

いくらでも言えちゃいますね。

ちなみに、さきほどの「Stay where you are.(そこにいて)」と同じ構造で、「Stay who you are.」ということもできます。「あなたらしく、あなたのままでいてね。」という意味ですね。

ネイティブとの自然なやりとりから言い回しを学ぶ

わたしたち、55段階英語村では、ネイティブ講師が「あなた」を主役にレッスンをします。
英語村では、テキストにあなたをあてはめる会話レッスンはしません。
リアルな場面、実際のシチュエーションであなたが言おうと思ったことがテキストになります。

あなたが英語で「言いたい」と思ったことを英語にしていく、「他にはないレッスン」。
興味を持ってくださった方はまず、無料体験レッスンを受けてみてください。
55段階英語村は、銀座駅A5出口からすぐです。
(地上への階段をのぼっているうちに、↓見えてきます)

体験後の勧誘や、当日申し込みのプレッシャーもありません
気に入ったら、すぐにレッスンをスタートできます。

ぜひ、お気軽にお越しくださいね。

お問い合わせ・無料体験のお申し込みはこちら: 銀座の英語・英会話スクール 55段階英語村 

TEL:0120-428-815
OPEN 10:00~21:00(土日は~19:00)

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  豆知識  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
55段階英語村へのお問い合わせはフリーダイヤルにて受け付けております。0120-428-815

このページの先頭へ