前の記事 » 
次の記事 » 

外国人のニックネーム~おもしろ英語文化の話~

  公開日:2020/03/25
最終更新日:2020/05/14

※この記事は約4分で読めます。

こんにちは、大人も通える英語村@銀座
55段階英語村スタッフのJuneです。

今日は、ニックネームのお話です。
まずは導入として、英語村講師のルグマ先生と
ジェイク先生がニックネームについて話している
動画をご覧ください。
(ジェイク先生、”ジェイク”以外のニックネームが
 ほんとうにイヤそう笑)

英語圏のニックネーム文化とは?

英語村の講師の名札に書いてある名前は、
ニックネームだったり、正式なお名前だったりします。
数名、挙げながら解説していきましょう。

①マリッサ先生

「マリッサ」は、もともとの正式なお名前。
ラテン語由来の言葉で、「海の星」という
意味があるそうです(ステキ~☆)。
マリッサ先生は、
「家族にはマーラ(Mara)ってニックネームで呼ばれてるの」
と、教えてくれました。

②ジェイク先生

「ジェイク」はニックネームで
もとは「ジェイコブ」です。
ヘブライ語由来で、アメリカの男性では
最も人気のある名前の一つ。
「正義/統治」のイメージを持つ名前です。
ジェイク先生は、
「母が、”ジェイク”ってニックネームで呼びたかったから
 ジェイコブって名前をつけたんだ」
って話してくれました。

③JD先生

ラッパーのJZとか、
フルハウスというドラマに出てきたDJという女の子とか
「アルファベット2文字の名前」って
日本人には「?」となってしまうことが
多いかもしれません。

英語村のJD先生のお名前は、
「Jake」がお名前で、「Dylan」がミドルネーム。
それぞれの頭文字をとって、「JD」なんです。

私が見ていたドラマでは、頭文字をとらず
「Mary Louise」とミドルネームも一緒に
省略せずに呼んでいるパターンもあったので
ジェイク先生になぜか聞いてみると、
それは昔風のスタイルなんだとのことでした。

たしかに・・
主人公の義母役でしたので納得。

年齢によって変化する!英語圏のあだ名

「Richard(リチャード)」という名前を、
一度は聞いたことがあるかもしれません。

Richard という名前は、

Ric(権力・統治者)+hard(勇敢)

という意味があるようで、こちらもとっても人気のお名前とか。

Richard の人気のニックネームは「Dick」だそうですが
私がこれを初めて知ったとき、
「へ?」と不思議に思いました。
どうして リチャード ⇒ ディック になるのさ?
そら、ディックってニックネームは
ドラマとかでもよく聞くけどさ。と。

少し調べてみると、これはどうやら韻の問題のようです。
私たち日本人でも、赤ちゃん時代に呼ぶ名前と
4~5歳のときの名前は、
「ちっち」から「ちーちゃん」に変わるように
年齢とともに変化しますよね?

リチャードについては、下記のような変遷をたどるんだとか。
(一例です)

【命名】 Richard
 Richy
 ↓
 Rich
 ↓
 Ricky
 ↓
 Rick
 ↓
 Dick

他のニックネームについても調べてみると
面白いかもしれませんね!

55段階英語村では、無料で体験レッスンを実施しています。
下記からぜひご予約ください。
実際に「英語を話す場面」に立った時、臆せず話せるようになる自信を身につけてみませんか?
教え上手の講師が、しっかりサポートします。

●当ブログを読んでくださった方にプレゼント●
英語コミュニケーション・英会話の初心者に贈る「マインドセット」ガイドです。
日本人特有の緊張をほぐす”気持ちの持ち方”から、立ち方・姿勢・握手の仕方、相手のレベルをコントロールするテクニックなど、読むだけで「やるぞ!」と思ってもらえるような内容になるよう、がんばってつくりました。
※配布停止になる前に、お早目に入手してください※
左のバナーをクリックし、ダウンロードに進んでください。

HPはこちら: 銀座の英語・英会話スクール 55段階英語村 

TEL:0120-428-815
OPEN EVERYDAY 10:30~20:00(土日祝は10:00~19:00)

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  コラム 動画付き  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
55段階英語村へのお問い合わせはフリーダイヤルにて受け付けております。0120-428-815

このページの先頭へ