【テキストに頼らない会話力】本当に使える英語を身につけるなら。東京・銀座の55段階英語村

※この記事は約14分で読めます。

こんにちは、東京は銀座にある【55段階英語村】スタッフのJuneです。
今日は、本当に通じる英語を身につけたいと願っているあなたに、他とはまったく違うアプローチで【使える英語】を身につける方法をお伝えします。

【知ってる英語】と、【使える英語】は違う。まずはここに気づきましょう。

中学のときから英語を勉強してきた
満点ではなかったけど、それなりに学んだはず
でも、いざ英語を話すとなると、思うように英語が出てこない

こういう悩みを抱えている方は多いと思います。
かくいう私もその一人でした。

英語は得意科目で、高校受験でも大学受験でも得点源。
しかし、30歳を過ぎたころ、バーで外国人の男性と隣り合わせました。
英会話には興味があったので、勇気をだして話しかけてみようと思いました。

そのとき私は、「知っている英語」を使って話しかけてみたわけです。

わたし
How long have you been in Japan?
昔、教科書で暗記した中学英語フレーズで、「どのくらい日本にいるんですか?」と聞いたわけです。

すると・・・何が起きたかというと

外国人
$’%&$)(#)%’)’$(#’#
わたし
・・・・・・・(凍死)

相手の言っていることがまったく聞き取れなかったんです。

すると・・・その外国人の男性は

外国人
#’$%((’%&$()##($’
と私に言いました。しかし、私にはわけがわかりません。一言も、まったく聞き取れませんでした。

後から英語がわかるバーの店主が教えてくれたのですが、
「英語がわからないなら話しかけてくるな」といっていたのだそうです・・

私が知っていたのは、「教科書で習った英語」だけでした。
しかし、学校で習った英語だけではダメだったんです。
(学校で習う英語を否定しているわけではなく、それだけでは不足という意味です)

どうして、英語を勉強してきたのに話せなかったのか?
「実際のコミュニケーションで使われている英語」を知らなかったからです。
もし、それを知っていたら、相手が何を言っているか理解できたはずです。

「使える英語」を身につけるということは、つまり「実際のコミュニケーションで使われている英語」を知ることから始まるはずです。
知らない言葉・言い回しは聞き取れませんし、話せません。
ここまで読んでくださっているあなたなら分かっていただけたと思います。

【実際のコミュニケーションで使われている英語】を身につけない限り、英語を話せるようにはなりません。
そして、当たり前のことを繰り返して恐縮ですが、【実際のコミュニケーションで使われている英語】=【使える英語】なのです。

○使える英語を身につけるために何をするべきか○

実際に英語が話されている場所で、
実際に使われている英語を
聞いて学び、
話せるように練習すること。

これが、英会話の上達のためには絶対に絶対に絶対に大事なことなのです。
逆に言うと、これ以外にはないんです。

いろいろな場面を通して「へ~、こういうとき、こうやって言うのか・・(!)」というナルホド体験を積み重ねる。
そして、実践の場でアウトプットの練習をする。
実際に使われている英語を、場面から学ぶと、どんどん使える英語を吸収できるんです。

学校で習う英語と、【実際のコミュニケーション】から学ぶ英語の違いとは

では、学校で英語を習っても、実際のコミュニケーションで困ってしまうことには、具体的にどんなことがあるのでしょうか?

①”あいさつ”からして、もうわからない!

文化の違いから、英語となるとあいさつもろくにわからない、という声をよく聞きます。

外国人
Hey, what’s up?
わたし
…eh?
外国人
How was your day?
わたし
…eh?
外国人
Have a nice day!
わたし
…eh?

これが、英会話を始める前の私の実力です。
何も言えていませんね。なっしんぐです。

ここに挙げた中でも特に「Have a nice day!」は、知らないと「なんと返せばいいのか」と困ってしまう挨拶の代表例ではないでしょうか。
しかし英語圏では普通に言われていて、買い物をして品物を受け取るときに、店員さんでもこれを言ってくるわけです。

I hope you have a nice day.
(あなたが良い1日を送れるといいなと思っています)

これが短縮されて「Have a nice day!」になっているんです。

質問がわかったところで、さあ、なんと答えますか?
知ってる人には簡単ですが、英語のあいさつのお作法を知らない人には難問かもしれません。

答えは、「Thank you.」
そして、「You too.」です。

Thank youは、簡単ですね。
「You too.」とは何か?

I hope you have a nice day, too.
(私も、あなたが良い一日を送れるといいなと思っています)

You, too.
(あなたも)

こんなやりとりが、実際に話されている英語にはたくさんあるんです。

Have a good day! (良い1日を)
-Thank you, you too.

Have a nice one! (良い1日を)
-Thank you, you too.

Have a good rest of the day! (これからの時間が良いものでありますように)
-Thank you, you too.

Nice to meet you.(はじめまして)
-You too. (Nice to meet you, too.)

そして、「Have a…」といわれても、「You too.」とは言えないときもあります。
「相手がもっていないもの」について言われたときです。
「day」は、自分も相手も持っているので、「あなたもね(You, too.)」という会話が成立します。
しかし、例えばバーガーショップなどで品物を渡されながら「Have a nice meal.」といわれたら、食事をするのは自分だけなので「You too.」の代わりに「I will」と言うのが自然です。

Enjoy your lunch.(ランチ、楽しんでね)
-Thanks, I will.

Have a good lunch break.(良いランチ休憩を)
-Thank you, I will.

私はこれらを学校で習った記憶がありません。
当時の教科書には書いていなかったはずです(私は現在40代前半です)。

でも、人と人が会話をする場面には必ず「あいさつ」があります。
せっかく英語を勉強してきても、その「あいさつ」すらろくにできないというのは、なかなか悲しい(悔しい)ものがあります。

How are you?
How are things?
How is it going?
How is your day going?
How is everything?
How have you been?

教科書で習った以外にも、たくさんのあいさつのバリエーションがあり、相手によって、そして場面によってフレーズも変わってきます。
当然、返事の仕方も、投げかけられたフレーズによって異なってくるわけです。

日本人は英語を「話せない」のではなく「実際に会話で使われている英語を知らない」だけ

「日本人は英語を話せない」「日本は人々が英語を話せない最後の秘境」なんていわれていますが、話せるんですよ。絶対。

ただ、実際の会話で使われている英語を知らないというだけです。

だから、みなさん。よいですか?
英語が話せるようになりたいからといって、「安いから」とスカイプ英会話を始めたり、既存の英会話スクールに行ってはいけないんです。

だって、そこは、「実際に英語が話されている場所ではないから」です。
厳密に言うと、「テキストを読み上げている場所」です。

既存の英会話スクール・スカイプ英会話はやってることが同じ

英会話スクールでも、スカイプ英会話でも、入学するとこのような流れをたどります。

【既存の英会話スクール・スカイプ英会話のレッスンの進行】
●無料体験レッスンでレベルチェック
 だいたい、どこもフリートークで生徒のレベルを診断します。
 その後、そのレベルに応じたテキストを使って、通常のレッスンをします。
●入学後は、レベルに合ったテキストを使ってレッスン
 ①すこし挨拶・雑談をしてから、テキストの内容に入ります
 ②テキストに書いてあることを音読します
 ③なにか質問があるか?と聞かれます
 (質問の仕方はあまり教えてもらえないため、ここで心折れる人も多い)
 ④質問がなければ、問題をときます。
 「先生が問題を読み上げます・・・」
 「あなたが答えます・・・」
    ↓ 
  質問があるか?と聞かれます
  (質問のしかたもわからない・もしくはテキストの問題がかんたんすぎるため、”ない”と答えるしかない場合も多い)
  なければ、次の問題に移ります
 ⑤この繰り返しです
 ※英会話スクールでは、音声を聴いて○×問題を解く、
  というメニューがある場合もあります

少なくとも・・・
英会話の大手スクール3社、中堅マンツーマンスクール1社、そしてスカイプ英会話2社を経験した私に、本音を言わせていただけるとしたら・・・

これは本当に時間がもったいないです。

私たちがいま英語を話せないのは、学校で「勉強」ばかりしてきたからなのに、その成果がでないと実証されている「勉強」を中毒のように繰り返してしまっているのではないか?と思えてしまいます。
英語をアウトプットしているだけで、あるいは、外国人と話しているだけで、「話した気」になってしまっているだけなのでは?という疑問もわいてしまうのです。

(もちろん、英語を話す練習をしたいと願う人たちにとって、外国人と英語を話す機会にはそうそう恵まれるものではありませんから、どの英会話スクールも、スカイプ英会話も、話す機会を提供して、間口を広げているという点では社会に貢献していると思います)

さきほど、英語を話せるようになるためには、「実際に会話で使われている英語を知る」こと、と言いました。
では、みなさんはどうしますか?

仕事をやめて、育児をほったらかして、留学しますか?
日本での生活を捨てて、移住しますか?
そんなわけにはいかないですよね?

でも、海外に行かずとも、実際のコミュニケーションで「本当に使える英語」を、「使えるまで練習できる場所」があるとしたら、どうですか?

リアルな英会話空間で、使える英語を身につけるなら

実際のコミュニケーションで使われている英語を、リアルな場面の中で身につけることができる場所があります。
それが、銀座4丁目交差点のすぐそば、実践スタイルの英会話スクール「55段階英語村」です。

2018.1.10朝日新聞夕刊一面をはじめ、数々のメディアに掲載もされています。

「実体験から、本当に使える英語が身につく、他にはない場所」という点で、とても注目されているといえます。

55段階英語村には、どんな場面が用意されているの?

55段階英語村では、「教室」ではなく、「場面」で学びます。
英語村には、55を超えるたくさんの会話の場面が用意されています。

その場面で必要な単語やフレーズ、サンプル会話など、もちろん教材はお渡しします。

しかし、レッスン中はテキストを使いません
テキストに頼った会話をしても、実戦では役に立たないのです。
知っている英語と、実際の会話で使える英語は、さきにお話したとおり、違います。
実際の会話で使える英語を増やす場が、英語村なのです。

講師も、もちろんテキストを読みあげません。
自然に、「ふだん使いの英語」を話すことになります。

あなたも、自分が話せる英語をアウトプットします。
すると、講師がすかさず、こんなアドバイスをしてくれます。

英語村講師
こういう場面では、こう言うと自然だよ

英語村講師
文法的には合ってるけど、不自然だから、こう言おう

英語村講師
それだと長いから、こう言うだけで通じるよ

こうして、英語村では
その場面に合った言い回しを
実際の会話で使われている自然な英語で
「なるほど!そういうのか」と
実体験を通して学んでいくことができるのです。

実際に通っている生徒さんの声

55段階英語村は、他にはないスクールなので、どんなところか知りたいという方も多い一方、ややしり込みをしてしまう方も多いようです。
そこで、実際に通っている生徒さんの感想を、ごく一部ですがご紹介していきます。

実際に体を使って、ものを使って、体験とセットで覚えていくから吸収が速い!という声も多いです。
そして、「自分の英語はこれでイケる!」という自信を身につけているのが大きそうですね。

55段階英語村では、体験レッスンをしています。しかし、勧誘はしていません。

55段階英語村では、体験レッスンを実施しています。
もし、あなたが「他と違って、効果ありそう!」と思われるなら、ぜひ参加してください。
時間は、説明会が15分程度、体験レッスンが15分程度ですから、30~40分もあれば帰れます
勧誘は一切しません。
また、一部の英会話スクールで見られる「今日、入会を決めると○万円も値引きができるんです」なんてプレッシャーをかけるようなことはしません

無料体験は、このような流れで行われます。

無料体験のお申し込みはこちら: 銀座の英会話スクール 55段階英語村 

55段階英語村の場所は、銀座4丁目交差点スグ

55段階英語村は、みなさんからびっくりされるほど立地に優れています。
銀座4丁目交差点から、すぐのところなんです。日本一有名な交差点の、目と鼻の先です。

銀座のシンボル、和光がはす向かいに見えます

地下鉄日比谷線・丸の内線・銀座線のA5出口を出て、目の前にあります。

地下鉄の階段をのぼっていくと、地上にあがりきるまえに、ビルと看板が見えてきます

スタッフや、講師が明るくお出迎えをいたします。
ぜひ、「英語を話せるようになりたい」というあなたのお役に立ちたいと思っていますので、お気軽に体験レッスンに参加してください。
遅かれ早かれ、行動はしなければなりませんし、やるなら早いほうが良いはずです。
「テキストに頼らない英会話力」と「自分の英語は大丈夫!」と思える本当の自信を身につけた、カッコイイあなた=なりたい自分になってください。
お会いできるのを、楽しみにしています。

お問い合わせ・無料体験のお申し込みはこちら: 銀座の英語・英会話スクール 55段階英語村 

TEL:0120-428-815
OPEN 10:00~21:00(土日祝は~19:00)

このページの先頭へ