前の記事 » 
次の記事 » 

英語で「ラーメンキック」って、一体どういう意味?

  公開日:2019/09/11
最終更新日:2019/10/01

※この記事は約6分で読めます。

こんにちは。
大人も通える英語村@銀座、
55段階英語村のスタッフ・Juneです。

今日は、ちょっとした面白いフレーズをご紹介します。
覚えたら、すぐに使える便利な表現ですよ^^

「I’m on a ○○ kick」って、どういう意味?

先日、英語村の人気ネイティブ講師・ジェイクと・・・

同じく人気講師のマリッサが、休憩中に雑談していました。

ちょうどその場に通りかかったときに聞こえてきた言葉に、興味がわきました。
それは・・・

Jake
I’m on a ramen kick.
no name
んっ!?
no name
ラーメン・・キック!?

その瞬間、この映像が浮かび、脳を占領されてしまいました。

出典:blogimg.goo.ne.jp

ラーメンキックといえば、このイメージですよね…?

もう、これしか考えられなくなりました。
(私は40代なかばの中年、許してください)

そこで、ジェイクに質問してみました。

June
What does ‘ramen kick’ mean?
(’ラーメンキック’ってどういう意味?)
Jake
‘Kick’ means that you’re addicted to something right now,
(キックって、今何かにハマってるってことなんだけど)

but it’s not going to last for a long time,
(でもそんなに長く続くわけじゃなくて)

kind of short term.
(わりと短い時間のことだね。)

You’re going to do that until you’re tired of it.
(飽きるまでは続けるってことかな。)

なるほど・・・
「I’m」「on」「a」「ramen」「kick」て、
全部意味をわかってるつもりでしたが、
文全体の意味はわかりませんでした。

その理由は、おそらく幼稚園くらいから
知っていたであろう「kick」の意味が
わかっていなかったからでした。

ショック!

kickには「(一時的に)ハマる」という意味がある

この「キック」という言葉の意味に
「ハマる」という意味が含まれていたとは
とっても意外でした。

でも、実は辞書にフツーに載ってることでもあるんですよね…

出典:英辞郎 on the web

ほんとショックです。
英語をまじめに勉強してきたつもりでも
これですもん。

他にもインターネット上で検索してみると
英語のグルメサイトに
ドンピシャな投稿がありましたよ。

まさに「ラーメン中毒」の最中なんですね。
ちなみに、この画像の下のほうに「soft serve ice cream 」ってありますね。
これがソフトクリームのことです。
(soft serveだけでも通じます)

私たちが言う「アイス」はこちら↓のほうで

「hard serve (ice cream) 」とも言うそうです。
(hard serveだけでも通じます)

はたまた、こんな例も見つけました。

出典:https://www.brainyquote.com/
女優のエミリー・ブラントさんの発言として
webページに取り上げられていたものです。

※再使用が許可された画像です
I’m on a health kick.
ということは、健康オタクになった
ということでしょうか。

言葉を吸収するのは勉強ではなく、体験による

仮に辞書でこの説明を読んだことがあったとしても、
「ネイティブスピーカーが
 実際の会話でどんな風に
 その言葉を使っているか
、話しているか」
は、こうやって経験してみないとわからないもんですね。

でも逆に、実際の会話を経験することによって
スルっと自然に、自分でも使えるようになったりする。

これって、テキストを使っていては
実現できない身につき方ではないか?
と思うのです。

言葉って、
紙の上の勉強ではなく、実際の経験・体験から
しみこむように身についていくもの
なのではないでしょうか?

テキストを使って「勉強」として
やっているかぎり、
自分の中にはなかなか入ってこない、
つまり使える言葉になってこないんじゃないか?

それが、私たち55段階英語村の
問題意識だったりします。

まだ、英会話を’勉強’しますか?

私たち55段階英語村は、
ほかの英会話スクールとまったく違うアプローチ、
つまり、上記でお話したような
「実際の会話を体験する」ことから
英会話を身につけていく場所です。

55段階英語村には、たくさんのブースがあって
いろいろな会話を実践し、
驚きや”へぇ~!”の体験で
ぐんぐん使える英語が身についていきます。

使える英語、という言葉にも定義が必要で
いろいろなブログや本やテキストが
「使える英語」をうたっていますが、
その意味合いは単に「便利な英語」もしくは「よく使われている英語」です。

55段階英語村で身につくのは、
あなたが使える英語 です。

あなたがその場面を経験し、実際に使ってみて
「できた」「通じた」という成功体験に裏付けられた
使える英語
 なんです。

もちろん、
テキストで、紙の上だけの想像で
英語が身について、実際に話せるようになるなら
そのほうが手っ取り早いし、
それで十分だと思います。

でも、振り返ってみていかがですか?

英会話への取り組み方を振り返ってみて、
もしあなたが、勉強しても
他の英会話スクールにいってもだめだったなあ…
「テキストに頼った英会話」はやめたほうがいいのかな…
と思うなら、ぜひ
55段階英語村の説明会&無料体験レッスンにご参加ください。

無料体験のお申し込みはHPから
(こちらをクリック) 

銀座のシンボル、和光がはす向かいに見えます

地下鉄各線(日比谷線・銀座線・丸の内線)銀座駅、
A5出口すぐです。

地上への階段を上りながら、ビルがもう見えてきます。

新橋、有楽町、八重洲エリアからも近いので
お仕事の後に歩いて通学する生徒さんも
いらっしゃいますよ。
(銀座の街は、歩いてるだけで楽しい~♪と)

※受付で、生徒さん&講師(掲載許可をいただいています)
いつでもお待ちしています!

実践スタイルの英会話スクール@銀座
TEL:0120-428-815
OPEN 10:00〜21:00(土日祝は〜19:00)

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  豆知識  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
55段階英語村へのお問い合わせはフリーダイヤルにて受け付けております。0120-428-815

このページの先頭へ