四谷学院の他にはない55段階英語村 これまでにない新しい英語上達法を銀座から発信します。

英会話が全くできない人も、話せるようになる四谷学院の55段階方式

四谷学院が発信する55段階英語村のコンセプトは、英会話が全くできない人でも英語を話せるようになること。
私たちが日本語を話せるのは、日本語を勉強したからではなく、生きるために必要だったから。
英語が母国語の人たちも英語を話すための勉強なんかしていません。ましてや日本人は義務教育として中学で3年間、高校で3年間、大学に行った人なら4年間、合計10年間も英語を勉強し、それでも自分は英語が話せないと感じています。外国人からすると異常なことと見えるでしょう。
モンゴルから来た力士が1年も経たずに流暢に日本語を話す。彼らはモンゴルで日本語を勉強していたわけではないはずです。「日本で成功したい」というマインドがベースになって、語学の壁を取り払い、日本語をコミュニケーションツールとして身につけたのです。

May I show you around?英語を話せるようになるために一番大きいのは「マインド」だと私たち四谷学院は考えています。つまり「英語を話したい」というマインドがあればOK。勉強ではなく、必要性に応じて、生きるために、楽しむために身につけるものがコミュニケーション力です。だから55段階英語村では、子どもが言語を習得するように、英語によるコミュニケーション方法を習得していきます。

May I show you around?
子どもからシニアの方まで、幅広い世代の方に楽しんでいただけるレッスンです。

私たち四谷学院がつくるのは、これまでにないまったく新しい「英語村」です。

いわゆる英会話スクールでは、テキストを見ながら、登場人物の行動をなぞって会話を学びますが、その方法だとどうしても会話は他人事になってしまいます。結果、実際に自分が使う場面では話したい英語が浮かばずいつまでたっても話せるようになれません。
55段階英語村は、世界中から人が集まる銀座の真ん中にイングリッシュオンリーの環境をご用意し、自分が話したいことを英語で話す体験を積んでいただきます。最大の特徴は単に環境を用意しただけでなく、プログラム化され体系的に学ぶことができる英語村だということです。「あなたが主役」になってイキイキと会話をし、身をもって「通じた!」「できた!」という成功体験で英会話を体得していきます。
頭で考えて話すのではなく、条件反射のように英語がでてくるためのトレーニングの場なのです。

特徴1当然ながら、リアルなシチュエーションで!

空港、病院の診察室、ジュエリーショップ、バーガーショップ、デリカテッセン、個人の邸宅・・・。会話やコミュニケーションが生まれるのは、店舗や施設。私たち四谷学院はこの「リアルな空間で学ぶ」ことにこだわっています。

55段階英語村空間イメージ

特徴2「子どもが言葉を習得するプロセス」で!

55段階英語村のレッスンプランには、子どもが言葉を習得するプロセスを取り入れています。言葉を知らない子どもに、いきなり「さあ、話してみて」といっても話せるわけがありません。
「まず先生がやってみせる⇒まねる⇒成功する」のサイクルや、簡単な言葉で目的を達成するトレーニングなどで、学習のハードルを下げ、スモールステップで話すことを身につけていきます。

特徴3会話をenjoyする「マインド」を!

55段階英語村では、「マインドづくり」もたいせつにします。そして、間違えることを歓迎します。
私たちが日本語を覚えた時も、「たまに見る」を「たまたま見る」と間違えてしまったら、大人から「たまに見る、だよ」と指摘されませんでしたか?そうやって、間違えながら覚えていきましたよね。 大人同士の会話だって、録音して一字一句を文字にしてみると、主語と述語が一致していなかったり、文法的に完璧に話しているわけではありません。それでも十分成立するのが会話です。英会話だから「完璧な文章でなければいけない」と思う必要はないのです。
脳は、生きるために必要なことと、楽しかったことは記憶するようにできています。間違いなんて気にせず、できたことにフォーカスする。インプットとアウトプットを簡単にして「わかるわかる!」「できるできる!」の楽しさでグングン英語が話せるようになる。55段階英語村では、「enjoy」が上達のカギと考えています。

特徴4文化の違いもセットで!


たとえばアメリカの病院では「あなたの痛みを1から10で表すと、どのくらいですか」と質問するそうです。それに対して日本人は「4~6」と答えることが多いそうですが、現地では「8~10」と答える人が圧倒的に多く、ときには10以上で答える人もいるとのこと。急病になった時に適切に自分の状態を伝えるためには、英語力だけではダメなのです。

英語は、言葉。言葉は、「文化的背景」「感覚」「価値観」と切り離せないものです。55段階英語村では、背景をコラム的に理解しながら英語を学ぶから、「ナルホド」体験があります。深く納得できるから、自然に覚えられるのです。
もちろん、苦手な人の多い「度量衡」「数字」「お金」も専門コーナーを設けて楽しく習得。「40万」「22億」をパッと数字で言える。待ち合わせの時間を「ten to five」と言われてスッとわかる。会話中では速くてつかみにくいけど重要な情報も、キャッチできるようになります。

特徴5覚えこみや、テキストはナシで!

私たちが運営している予備校「四谷学院」は大学受験予備校ですが、55段階英語村でのレッスンは、いわゆる文法訳読方式の「受験英語」とはまったく違ったものです。しかし、「本質を」「体系的に」学ぶ方針はまったく同じ。
テキストはありません。あなたが「いま」知っている単語・文法力をもとに、その活かしかた・使いかたを四谷学院の講師が一緒に考えます。知らない単語があるなら、知っている別の言葉で言い表せばいい。言いたい事が通じたら、OK!あなたが今できることをスタートラインにして、少しずつ英会話力をバージョンアップをしていきます。

あなたの中に眠っている「できる力」を引き出して、英語をもっともっと楽しくしていくのが55段階英語村。ただの英語体験にとどまらない、特別な空間とカリキュラムであなたをお迎えします。

アクセス〒104-0061  東京都中央区銀座5丁目8 四谷学院銀座ビル(旧柴山銀座ビル)

無料見学会のご案内

開講前の無料見学会にご興味のある方は、ご招待できる日程が決まり次第、ご案内をお送りします。
以下のボタンよりメールアドレスの登録をお願いします。

無料見学会のご案内希望の方はこちら

一緒に四谷学院のスクールをつくりあげてくれる英会話講師を募集しています!

詳細はこちら